介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「ど」からはじまる介護用語 > 動脈血酸素飽和度(どうみゃく さんそほうわど)

動脈血酸素飽和度(どうみゃく さんそほうわど)

動脈血酸素飽和度とは、酸素の運搬を行うヘモグロビンのうち酸素に結合したヘモグロビンが何%を占めるかを表したものをいいます。

「動脈血酸素飽和度」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 1

誤嚥性肺炎とは 原因・症状・対策


通常、口から入った食べ物は、咽頭から食道を通って胃まで届きます。しかし、嚥下力(飲みこむ力)が弱くなった高齢者では、食べ物が誤って気管に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」が起こりやすくなります。この誤嚥に…

全て表示する

「動脈血酸素飽和度」に関する共感一覧

検索結果 2

抗精神病薬と睡眠薬の併用は危険

(浮釣木)

歯を磨こうと思って母の様子をうかがいに行ったら、痰が絡んで苦しそうにしていた。すぐに、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を測ったら、91%くらいだった。看護師さんに連絡して指示を仰いで、仰向けにして4...

胃瘻をやらない選択

(カモマイル)

すかったです)をつけていました。痰もたまりやすかったので私たち家族の吸引練習と吸引器・脈拍と動脈血酸素飽和度をはかるパルスオキシメーターも準備しました。また24時間対応の訪問看護師やホームドクターも決...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう