介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「し」からはじまる介護用語 > 初老期認知症(しょろうきにんちしょう)

初老期認知症(しょろうきにんちしょう)

初老期認知症とは、アルツハイマー病やピック病などで脳が萎縮、変性したことにより、40代から50代の人に起きる認知症(痴呆)症状のことを指します。

平均寿命が延びている昨今は若年性痴呆と呼ばれることが多くなってきています。

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう