介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「こ」からはじまる介護用語 > 公的扶助(こうてきふじょ)

公的扶助(こうてきふじょ)

公的扶助とは、生活ができない困窮状態にある者に対し、すべての公費により国又は地方公共団体が、その者の資力と所得を調査の上、その必要に応じて行う公的救済で、保険料などの負担の必要はありません。

資産や収入が最低生活水準に満たない場合に、その水準までの不足分を必要に応じて補うものであり、対象者の生活困窮に陥った原因は問いません。

「公的扶助」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 1

介護保険を遠慮なく使っていい理由


介護保険制度が施行された2000年から既に17年が経過しています。 この間、介護サービスを提供する事業所数は増加しつづけ、また、利用できるサービスの種類も増加するなど、要介護高齢者の生活スタイルに合…

全て表示する

「公的扶助」に関する質問一覧

検索結果 1

介護施設の利用料が負担で現状ぎりぎりで生…

(バーボン人生)

なったりして苦しいです。母は要介護2です。障害3~6級に該当すると認定証が昨日届きました。なにか公的扶助に該当することがないかご相談でした。...

全て表示する

「公的扶助」に関する共感一覧

検索結果 1

介護されて気付いたこと

(ojityann)

悲劇もあるのです。福祉という考えは、昔から、小さな集団や、家族の中にはあったと思います。福祉は、公的扶助による生活の安定や充足、また、人々の幸福を公的に達成しようとすることであり、共助の一つだと思いま...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう