介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「か」からはじまる介護用語 > 仮性認知症(かせいにんちしょう)

仮性認知症(かせいにんちしょう)

仮性認知症とは、認知症者より、記憶障害や物忘れが無かったりと軽度に留まっている状態のことを言います。

認知症と誤診されやすいのですが、適切な治療によって症状が改善されるので、早期の正しい診断や治療が大切となります。

「仮性認知症」に関する質問一覧

検索結果 1

認知症?うつ?薬の副作用? 教えてくださ…

(とっかり)

リーゼのベンゾジアゼピン系薬剤による認知機能低下などが原因なのでしょうか?5.または、うつによる仮性認知症なのでしょうか?6.それとも本当の認知症なのでしょうか?7.現在通院している神経内科は個人経営...

全て表示する

「仮性認知症」に関する共感一覧

検索結果 2

放送情報)認知症。親子共倒れ。

(るぽ)

ものもある。脳の血管の中にできた小さな血栓が原因の「血管性うつ病」、一見認知症と間違われやすい「仮性認知症」とは?Nスペみたいに絶望あおるだけになってなきゃいいなといい話じゃないんですけど、「情報が公...

ふりだしに戻りました

(困り嫁)

ぺんたさんおはようございます。コメントありがとうございます。仮性認知症、調べてみました。なるほど、妄想や虚言は認知症だけとは限りませんものね。他の精神疾患ではないかと疑う気持ちも実は私の中にもあります...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう