介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「か」からはじまる介護用語 > 介護支援サービス記録(かいごしえんさーびすきろく)

介護支援サービス記録(かいごしえんさーびすきろく)

介護支援専門員(ケアマネジャー)は業務を行う際に記録をとらなければなりません。

まず、要介護者の状況・環境を目標などを決定する為にアセスメント(課題分析)をとります。

それにともなってケアプラン(介護サービス計画)を作成し、サービス担当者会議等を行いサービス事業者への連絡調整を行います。

また、要介護者への介護サービスが始まってからは常にモニタリングをし要介護者の状況変化などを観察します、その際に3ヶ月に一度モニタリング記録をとります。

このようにケアマネジャーにはたくさんの記録をする必要があります。それらをまとめて介護支援サービスの記録といいます。

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう