介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「ぷ」からはじまる介護用語 > プライマリーナーシング (ぷらいまりーなーしんぐ)

プライマリーナーシング (ぷらいまりーなーしんぐ)

プライマリーナーシング とは、一人のナースが患者さんが入院してから退院するまでの全期間を受け持ち、看護計画・ケアの実施・評価を行う看護方式のことをいいます。

「受持看護婦制」とも呼ばれ、1970年代に米国のミネソタ大学病院から始まったとされています。

これに対し、資格・経験の異なる人たちが一つの看護チームを組み、チームリーダーが中心となって看護計画を立て、カンファレンスを開き、業務遂行の監督を行う方式を「チームナーシング」と呼びます。

また、ナースをいくつかのモジュール(単位)に分け、それぞれのナースが数人の患者さんの入院から退院までの全期間を通してケアする方式を「モジュールナーシング」といいます。

チームナーシングは効率的な看護、プライマリーナーシングは継続的な看護を特徴としますが、モジュールナーシングはその両方の特徴を併せ持った看護方式といえます。

プライマリー方式、モジュール方式いずれの場合も、受け持ちナースが不在のときは、同じグループに属するアソシエートナースがケアを代行します。

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう