介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「ば」からはじまる介護用語 > バレリン(ばれりん)

バレリン(ばれりん)

バレリンは、てんかんの治療薬です。

脳の中枢に作用してけいれんを抑制するので、てんかんのけいれん発作を抑え、てんかんに伴って起こる、精神神経症状を抑えます。
また躁病の躁状態の抑制にも用いられます。

副作用としては、発疹,造血障害そのほか重篤な過敏性症候群,吐き気,胃部不快感,ねむ気,腎障害,運動能力,集中力,反射機能の低下などがあるとされています。

「バレリン」に関する質問一覧

検索結果 1

多食 他動?の許容範囲は?

(いごー)

なります。精神科を受診してルーランを処方してもらって怒鳴ることが激減してました。2週間後に新しくバレリンを追加されてからデイサービスに行かない日は40~50回も散歩と言って出かけます。5分から15分自...

全て表示する

「バレリン」に関する共感一覧

検索結果 1

またしてもてんかん発作

(まねきねこ)

薬の量を少しずつ増やしている途中という感じです。副作用などの確認をしながら少量ずつ増えています。バレリンとテグレトールの2種類です。父の場合は発作そのものと言うより、発作やらほかの病気やらで入院するた...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう