介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「か」からはじまる介護用語 > カニューレ(かにゅーれ)

カニューレ(かにゅーれ)

カニューレとは、呼吸困難に陥った患者に対し、気管切開部から気道へと差込み、呼吸できる状態にするための医療用具のことをいいます。

「カニューレ」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 1

居宅療養管理指導とは 利用方法と選び方


居宅療養管理指導とは、医師や看護師などの専門家が定期的にご利用者さまの自宅を訪問し、医療器具の管理や病状の管理などの往診をしてくれるサービスです。担当医またはケアマネジャーとよく話し合い、ご利用者さま…

全て表示する

「カニューレ」に関する介護の記事一覧

検索結果 2

ヘルパーにできること・できないこと 爪切…


「ヘルパー」と一口に言っても、介護保険における訪問介護だけではなく、広義では家政婦紹介所などから派遣され、家事全般や病人のお世話をしてくれる家政婦さんや、施設・病院で働く人も「ヘルパー」と呼ばれること…

ヘルパーにできること・できないこと 最終…


かつてヘルパーは、耳かき、爪切りなどの日常的な行為であっても、介護保険制度の中では医療行為にあたるとみなされる介助について「できないこと」としていた時期がありました。それは主に、道具を使う医療に準じ…

全て表示する

「カニューレ」に関する質問一覧

検索結果 24

気管切開を閉じる行為に対して病院と家族の…

(pink.rose)

す。)その日から20日経ったのですが、父はリハビリも進み背もたれ無しで座れるようになり、スピーチカニューレでお話も出来るようになりましたが、食べることのリハビリで嚥下するチカラが弱いと言われ小さな氷を...

スピーチカニューレで喋ってもらう方法

(かいっぱ)

リハビリ病院に入院し、気管切開してる母親が先日より、昼間はスピーチカニューレに替えています。喋ることができれば、カニューレ離脱に近づくようで、看護師が盛んに話しかけてますが、母親は声を出すのが億劫のよ...

気管切開、経鼻栄養の母について

(かいっぱ)

リ病院のリハビリスタッフは管を抜けるように頑張ってくれてるのが、発言からもわかります。気管切開もカニューレを替えたりしています。せっかく日々出来る事が増えて母も頑張ってるので、もう少し回復に向けた治療...

肺気腫の母、在宅介護の介護力を上げる方法…

(なのなの)

みの挨拶をして、何かあれば電話してもらいます。(私が仕事がある日は1時の時もあります。)就寝前、カニューレのみの場合の時もあれば、マスクをしている時もあり、装着や離脱の見守りは母から必要ないと言われて...

気管切開後の穴を閉じるには?

(悩めるひとりっこ)

あったのですが、今の様な状態で麻酔使用の手術となるとどうしても不安を感じます…時間はかかっても、カニューレを外した後に自然な形で穴が塞がれば良いと思ったのですが、やはり外科手術は必要なのでしょうか?...

全て表示する

「カニューレ」に関する共感一覧

検索結果 10

延命はしないと決めてても、どうしたら良い…

(yukky610)

ニコしてこちらの問いかけには首を振って反応します。たまには口パクで「早く帰れ(遅くなるから)」(カニューレ使用で声が出せない)などと話すこともあります。意識がないような状態なら胃瘻にはしなかったと思い...

妻のことを考えると

(ザンギ)

です。レベル1が、3日も続き脳幹のCTは真っ白だったそうです。1か月後に意識が戻った時は、気切のカニューレを入れられ声も出せず指も動かないのにミトン抑制されていました。そこからの復活については、201...

認知症の心を聴く

(ojityann)

ojityannさん私が、倒れて1か月目くらいに意識を取り戻した時、気管切除のカニューレ挿入され、声も出せませんでした。安全のためにミトンで抑制されてたので、指も動きません。明らかに、昨日までとは異な...

身体拘束

(ひとりぽっち)

脳出血で入院していたとき、私も「身体拘束」されてましたよ。額のドレーンや喉元の気管切開のカニューレを無意識に引っこ抜かないように、動くようになったところの手にミトン。足が動くようになったら、落下防止の...

少しずつ少しずつ

(mikasoul)

ちょうど1週間。2回、延命措置の話をされ、病院に一泊付き添いした。そしたら、昨日は、マスクと酸素カニューレが外れ。久しぶりに経管栄養が再開し。身体を拭いてもらい、リハビリが始まり。(*´∀`*)スタッ...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう