介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「う」からはじまる介護用語 > ウェルニッケ野(うぇるにっけや)

ウェルニッケ野(うぇるにっけや)

ウェルニッケ野とは、ヒトの皮質の一部を形成する大脳の一部で、上側頭回の後部に位置します。

ウェルニッケ野は聴覚野を囲むように存在し、シルヴィウス溝 (中でも側頭葉と頭頂葉が接する部分)に接する。ブロードマンの脳地図における22野にあたり、多くの人の場合、言語中枢は左半球に局在しているので、ウェルニッケ野は左半球に存在します。

脳卒中時の中大脳動脈閉塞はこの領域の機能に影響を及ぼします。

ウェルニッケ野という名前はドイツの神経科学者で外科医のカール・ウェルニッケの名からつけられたもので、彼は1874年にこの領域の障害がウエルニッケ失語、または感覚性失語と呼ばれる特有の失語症を起こすことを発見しました。

この失語症の症状は 言語理解の障害と、音声言語の場合は自然な発音のリズム、比較的普通の文法といった特徴があるとされています。

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう