介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「あ」からはじまる介護用語 > アルツハイマー型痴呆(あるつはいまーがたちほう)

アルツハイマー型痴呆(あるつはいまーがたちほう)

アルツハイマー型痴呆とは、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種です。

日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプとされています。

アルツハイマー型認知症には、以下の2つのタイプがあります。
・家族性アルツハイマー病
 完全な常染色体優性のメンデル型の遺伝パターンを示すもの。遺伝性アルツハイマー病ともよばれる。

・アルツハイマー型老年認知症
 アルツハイマー型認知症の中でほとんどを占める。老年期(60歳以上)に発症するもの。

「アルツハイマー型痴呆」に関する質問一覧

検索結果 3

アルツハイマーが治る事は、あるのでしょう…

(のんたん)

先日、実母(71歳)が初期のアルツハイマー型痴呆症と診断され、アリセプトを服用し始めました。薬が効いているようで、物忘れは、落ち着いています。主治医から、*一人暮らしは、止めて身内がいる近くに越すか老...

父の昼間の介護について

(ラムラム)

がなく、派遣業を転々としています。母はデパートで働いており、68歳になります。父は75歳。アルツハイマー型痴呆症と診断されており、トイレも毎回のように失敗し、私の子供達の顔もわからなくなったりすること...

ショートスティ中の徘徊 専門医に受診すべ…

(carumo)

81歳実父2010年4月母の入院中アルツハイマー型痴呆症と診断アリセプト服用2011年1月母ガン再発入院父ショートスティ中(10日目)2日間1時間位しか寝ないで徘徊3日目に少しまとめて寝る状態(睡眠導...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう