介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「あ」からはじまる介護用語 > アドレナリン(あどれなりん)

アドレナリン(あどれなりん)

アドレナリンとは、副腎髄質から分泌されるホルモンのことです。

ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがあるとされています。

「アドレナリン」に関する介護の記事一覧

検索結果 2

【イライラ怒鳴ってしまうときの対策2(全…


イライラ・感情を爆発させてしまうのは、わたしたちが未熟だからじゃない! 「怒鳴っちゃうんです」 「優しくできません」 「わたしがダメだから」 わたしの元に悩みを届けて下さる方の多くが、心身ともに疲れ…

シニア世代にダーツが人気上昇中! 認知症…


定年退職した団塊の世代を中心に、シニアから注目を集めているスポーツがあります。それが、的に向かって矢を投げ、点数を競う“ダーツ”です。 ダーツというと若い人が楽しむもののイメージですが、なぜ今高齢者…

全て表示する

「アドレナリン」に関する共感一覧

検索結果 2

何があっても木村拓哉が。

(伊賀上野)

10代は10代で思う事があってアイドルに投影してますよね^^;50代も投影したいですよ。アドレナリン出まくりな毎日セロトニン出さないと(苦笑介護を逃げ道に誰もしたくないとは思うけど個人個人で受け止め方...

しじみパワー!!

(ラグビーボール)

リをスギ薬局で今日購入!!やはり違うね!!気のせいだよ!!と言われてもそんなことないと言える。アドレナリン全開!!自分の顔の顎のたるんだほっぺも鍛えてシャープに。ほうれい線もうすい。母にほっぺをつかま...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう