介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「あ」からはじまる介護用語 > アセチルコリン(あせちるこりん)

アセチルコリン(あせちるこりん)

アセチルコリンとは、生体内に存在する化学伝達物質のひとつをさします。

主に副交感神経系(コリン作動性神経)や神経筋接合部で働き、これらの機能を促進させるような情報伝達の役割を担います。

「アセチルコリン」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 1

アリセプト(ドネペジル)とは 利用者の声…


アリセプトは認知症の治療に広く使われています アリセプト(ドネペジル)は認知症の治療薬の1つで、エーザイ株式会社が開発・販売しているものです。 アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の進行を抑制…

全て表示する

「アセチルコリン」に関する質問一覧

検索結果 1

失行について

(albireo)

88歳の母と同居です。私は仕事を持っており、母は日中独居、週1回パワーリハビリ(アセチルコリンの分泌を促し、認知症に有効とされる)ができるデイサービスを利用、週2回ヘルパーの訪問を受けています。排泄、...

全て表示する

「アセチルコリン」に関する共感一覧

検索結果 3

アルツハイマー病治療薬・フランスで医療保…

(えまのん)

まくいかないんでしょうね。医師は、認知症治療薬を処方する時になんと言って処方するんでしょうね。アセチルコリンやタウ蛋白がと言ってましたが、説は崩れましたね。食品で〇〇と〇〇を食べれば認知症にならないな...

認知症薬、心臓病に有効…高知大教授ら研究…

(ぴすたちお)

という。佐藤教授の研究グループは昨年9月、これまで神経間で情報を伝える物質として知られていた「アセチルコリン」が、心臓の筋肉の細胞にも存在していることを世界で初めて発見。動物を用いた研究で、塩酸ドネペ...

アルツハイマーの進行を遅らせる新薬二種類…

(シューマニア)

ら、国内販売が認められ、保険適用となるというニュースです。ガランタミンは、アリセプトと同じく、アセチルコリンの分解を抑え、症状の進行を遅らせる薬だそう。日本では武田製薬。アリセプトより副作用が少ないと...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう