介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「あ」からはじまる介護用語 > アサーティブネス(あさーてぃぶねす)

アサーティブネス(あさーてぃぶねす)

アサーティブネス(意見表明)とは、多くの人間発達の専門家や心理療法士が教える特質であり、自己啓発書やビジネス書などでしばしば取り上げられています。

アサーティブネスは、自分を大切にすることと関連しており、コミュニケーションの重要な技法であると考えられています。

また、アサーティブネスは、コミュニケーションの一つの形態であり、戦略でもありますが、攻撃的であることや、受身的であることではありません。

コミュニケーションのこれら3類型は、自分と他人の「個人の境界」をどう扱うかという点で異なっています。

【受身的なコミュニケーション】
受身的なコミュニケーションをする人は、自分の「個人の境界」を守らず、攻撃的な人々に傷つけられたり、不当な扱いを受けたりすることを許し、通常、他人に影響を及ぼすというリスクを冒そうとしない。

【攻撃的なコミュニケーション】
攻撃的なコミュニケーションをする人は、他人の「個人の境界」を尊重せず、他の人に影響を及ぼそうとして、他の人をしばしば傷つける。

【アサーティブなコミュニケーション】
アサーティブなコミュニケーションをする人は、自分の心の中を開示することを恐れず、他人に影響を及ぼそうとしない。他人の「個人の境界」を尊重し、攻撃的な侵入から自分を守ろうとする。

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう