介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護中(別居)

ログインはこちらから

2016年03月22日 17:00

投稿者

悲しい はるうさぎ さんの投稿 レギュラー会員

介護対象者の続柄:実母

認知症の有無:あり

要介護度:要介護5

介護状況:介護対象者が長期施設入所中

診断名:向精神薬依存症後のうつ病、廃用症候群、心不全

母が怖がるのは「お迎え」なんだろうか??

母のところに行ってきました。

元気にはしていましたが、今日は珍しく「ここにいて。怖い」とか
言うので、ちょっと長めにいたかな…。
「なにか見えたの?」と聞いても返事がないんですが、可能性としては
幻覚として怖いものが(幽霊とか?)見えたか、もしくは亡き身内の
誰かが見えたのかもしれないなあ、と思ったりしています。

「まあ、お彼岸やったからね」というと頷いていたので、後者の
可能性があるかなあ、と思います。俗に言う「お迎え現象」ですね。
本来は死の直前に現れることが多いんですが、父の場合は数カ月前に
この体験があります。戦死した伯父が見えてたようですから…。
その時の父の様子に似ています。



こういう経験、私にはわりとあって、伯母(母の義姉)がガンで
2カ月弱闘病していた時に、終わりが近づくにつれて、
「あそこにおばあちゃん(祖母)とてるさん(母の実姉。
二人とも故人)が来たはるわ」と言っていたのも知っています。

父はあんまり喋れなかったけど「にいちゃん」と呼びました。
父がそう呼ぶのはひとりだけですしね。やっぱり伯父だと思います。

お迎え現象なら、我々も覚悟を決めておく必要があるかもしれません。
いまはわりと元気ですけど、まあ、歳が歳で来月で母も82歳ですから、
いつなにがあってもおかしくはないのです。

母が逝くと、たちまちに我々の経済状態に痛手が来るので、
そっちは深刻かもしれませんけど…。どうも自分が再度会社勤めが
可能になるとはとても思えない… (ーー;) 
…まあ、そちらのことはあとで考えるとして。



私のイメージ的に、あの世とこの世っていうのは(「次元」というものの
イメージもそうなんですが)ちょうどPhotoshopのレイヤーみたいに
同じ場所で重なっているような気がします。
重なっているけど、非表示になっているので、そのレイヤーは
ここからは普通は見えないんですよね。

死が近づくにつれて、レイヤーを移動する準備で、非表示になっている
「あの世レイヤー」が時々表示されて見えるようになってくるみたいな…
そんな感じがします。Photoshopのおかげでこういう概念が
自然とわかりやすくなってきました。まあ、正解かどうかは
死んでみないとわかりませんけど… (^_^;)


いままでの調査ですと亡き親族が迎えに来てくれて亡くなられた人は、
一様に穏やかな最期を迎えられるそうですから、いいことかなあ、と
思いますが…。穏やかな死を迎えることが出来た故人の家族は
なんだか救われる気がしますから…。
同時にグリーフケアにもなっている感じです。




ちょうど私が描いた龍の絵を持っていったので、早速壁に飾ってきました。
「これお守りやし。そういうつもりで描いたから」というと
ちょっと安心していたようでした。

それでもなんだか寂しそうな感じだったので、今日の午後と、
明日中にでも急ぎの仕事を片づけて、水曜か木曜日にまた行って
あげようかな、と思っています。

そう、仕事があるんですよね。それやらないと。


特養に泊まれたらいいのになあ…。(まだ言ってる)


たまたま見つけた動画ですが、なんだかしんみりしました。

「親の『老い』を受け入れる」という動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=2YXPUuIIvb0

専門家 会員から
2 の共感コメント
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。