介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護中(別居)

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2014年09月23日 06:46

投稿者

嬉しい ブル さんの投稿 レギュラー会員

介護対象者の続柄:実母

認知症の有無:なし

要介護度:要介護5

介護状況:別居で在宅介護中

診断名:パーキンソン病

すくみ足の原因 ひとつ判明…した感じ(^^♪

すくみ足でお困りの方に、少しでも助けになればと思い報告します。

従兄は、脳血管性のパーキソニズムといわれ、最近では進行性核上性麻痺ともいわれていて、正常圧水頭症の検査もしたので、何が本当の病気なのか良く分かりませんが、ガニ股がたの小刻み歩行で、酷い歩行障害です。

先日、医師の問診で歩行の状態を調べているとき、医師が自分の足を患者の前に出して、「これをまたいでください」と言いました。歩幅数センチほどの患者でしたが、直ぐに医師の足をまたぎ、大きなな歩幅で歩き出しました。

視覚的キューと言うそうです。キューとはテレビで、スタッフがタレントに「キュー」とやっているそれと同じことで、足をまたぐという、視覚的な「キュー」を出しているそうです。廊下に、50センチほどの間隔で線を引き、それをまたぐように歩かせると、すくみ足が改善すると、パーキンソン病についての本には書かれていますが、同じことです。でも、家じゅうに線を引きまくるのは大変ですね。描かれている線をまたぐのと、自分で差し出した棒をまたぐのだと、足の出方が、後者の方が良い感じが、従兄の場合はしました。

私は、普段使ている一般的な杖に、赤いビニールテープを巻いた、細い鉄パイプを直角に接続して、L字型の杖を作ってみました。

一歩踏み出す度に、自分の前に、赤い鉄パイプを置いて、それをまたぐ意識で歩かせると、手すりをつかんでも、10センチほどしかなかった歩幅が、普通歩幅位に広がって、見ていても歩きやすい感じでした。

リハビリ嫌いの人でしたが、「これがあれば、リハビリが出来ると嬉しそうでした」

それでも、ギクシャクしていて、一人では危ないのですが、トイレに連れて行くときなども、大変楽になりそうでした。

L字型杖も、市販されているようですが、どうせ高価でしょうし、今ある杖につけられますから、非常に安く簡単に出来ますので、私の作り方を説明します。

私は、鉄パイプを接続しましたが、軽い塩ビパイプ(水道管)のほうが、良いかもしれませんが、強度が弱くなって、外れやすくなるかもしれません。その棒に目立つ色の塗装(私は赤のビニールテープを巻いた)をし、接続具は、ビニールハウスの部品を扱っているホームセンターに行って、直角にパイプを接続する金具(200円くらい)で杖とその棒を固定するだけです。杖を持参して、店員さんにサイズ等確認して買ってください。

私も、一つ作っただけで、これから改良の余地(より良い接続金具など)は沢山あると思います。もし、同じように試してみて、改善点など発見なされたかたがおられましたら、こちらで報告してもらえると、皆さんの助けになると思います。


そこで、タイトルの、すくみ足の原因ですが、

これを使って歩かせた後、本人が、「これがあると、自分で一歩目をどこに出すか分かるから、一歩目の足がでるんだ」と言っていました。つまり、彼の歩行障害の原因は、一歩目の出す場所が分からないということでした。

健常者なら、一歩目の出す位置など考えることもないのですが、彼はそれが分からなくて「混乱し」それを探して、一歩目がでないと言っていました。そういえば、引手歩行をしているとき、見るからに困った表情で、混乱しているようにも見えました。

医者は、「視覚的キューを与えることによって、足が出る」と言っていましたが、彼の場合を例に、考え直すと、一歩目の出す位置が分からないから、ここだよここだよと、一歩一歩視覚的に教えてあげれば歩けるという事だと思いました。

そして、キューには、聴覚的なキューもあります。メトロノームの一定した音を聞きながら歩くと、すくみ足が改善するというものです。難聴の人には、肩を叩きながら、足踏みをさせながら歩かせるなどです。これらは試したことがないのですが、今回の彼のように、一歩出す位置が分からないというすくみ足患者の場合には、聴覚的キューの効果はないのではないかと推測しています。

しかし、聴覚的キューの効果が著しい人もいるかもしれませんので、知っている方がおられましたら、その方の症状や改善具合、良かったこと悪かったことなど、教えていただけたら助かります。

昨日、ちょっと上手くいったので、嬉しくて報告させていただきました。
長文失礼しました。


応援コメントを贈る
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。