介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護をふりかえって

ログインはこちらから

2020年03月13日 22:30

投稿者

その他 ひとりぽっち さんの投稿 ゴールド会員

介護対象者の続柄:配偶者

認知症の有無:あり

要介護度:まだ受けていない

介護状況:過去に介護をしていた

神様がくれた貴重な日々

「神様が下さった貴重な日々」を過ごされてる●島トモ子さん

トモ子さん(74歳)の母(99歳)は家具を倒して暴れまわったり物を投げつけながら汚く罵る
包丁を持ち出し「一緒に死にましょ」と言ってみたり、

ついにストレス障害でお仕事にも支障をきたし倒れてしまう
母の病名が「レビー小体型認知症」とわかった時ホッとしたという

病気だったら、正常の母と病気の母の2人いると思えばいいと
在宅介護を続けている。

どうせやるなら泣くのは嫌だ、笑っちゃおうって
認知症になってくれたおかげで少しは親孝行ができた
これは、神様が与えてくださった貴重な日々なのかもって
専門家 会員から
8 の共感コメント
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。