介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護をふりかえって

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2019年09月12日 10:09

投稿者

その他 ひとりぽっち さんの投稿 ダイヤモンド会員

介護対象者の続柄:配偶者

認知症の有無:あり

要介護度:まだ受けていない

介護状況:過去に介護をしていた

名前の通りに生きたいですね。

人の名前って不思議

名づけられたその日から日ごとにその名になる「おなまえ」
名づける時親は心を込めて期待を込めて

父の名は年号にもじって、母の名は誕生日にもじって付けられ親から名付けられ
私や妹の名は戦後の希望を込めて「こうなったら嬉しい」とやはり親から名付けられた

生きたくても親の手で・・・生き続けることが出来なかった○○ちゃん、
あの○○ちゃんも・・・、

なんで?
親は生まれた時の顔を見て愛しくて愛しくてたまらなかったはずなのに
その文字まで消されてしまう

童顔の裏のおばあちゃん90代だと思う高齢だけどいつもニコニコ
多少の認知症があっても幸せそう
いつの間にか子供に戻ってしまって幼子と変わらない
私時々冗談でお名前ちゃん付けで呼ぶとまたニコニコ

幸子ちゃんじゃないですよ、
正解はヒナちゃん
ヒナおばあちゃん今日も元気いっぱいです

せっかくいただいたその「おなまえ」で
誰もが大切にしながら一生懸命神様から与えられた命を全うできたらこんな良いことありませんね。
応援コメントを贈る
専門家 会員から
2 の共感コメント
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。