介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 共感広場 > これから介護

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2019年09月04日 12:22

投稿者

その他 ぶうぶう さんの投稿 ダイヤモンド会員

介護対象者の続柄:実父

認知症の有無:あり

要介護度:要介護3

介護状況:別居で在宅介護中

診断名:レム睡眠行動障害、前立腺炎、腰椎変形、左肩ひび (自然治癒中)、 レビー小体性認知症(2019~)

認知症ケアの番組を見て。

onlmusumeさんからリクエスト?をいただきましたので、昨日、見た番組で思ったことを書きます。
内容は、以前にも放送されたもので「認知症の介護施設で働く3名の方」の話でした。 認知症の方への向き合いかた、施設の工夫、認知症を患っている方への思い、がそれぞれ映し出されていました。 共通するのが『認知症になったからおしまいではなく、最後まで楽しく、そして人として尊敬される生き方を手助けしたい。大切にしたい。』と言う思いでした。

私がまず思ったことは、『本当にプロだなあ。』。 ゛できない”と思わずに行動されていることがすごい。 だけど、共感し支えるスタッフもいるわけで、この方達もひとりではできないことなんだと。一緒に働いている方々もプロですね。 理想のグループホーム、小規模多機能でした。 地域とのつながりもある開かれた施設。 こういう施設が増えたらいいですね。

ところで、私は以前保育士をしていて、たくさんのこどもたちと日中過ごしていました。 だけど、自分が母親になると、なかなかうまくいかない。ひとりの子育てがこんなに心細く、感情的になるものなのか、、とびっくりしました。 保育士としては同じようなことがあっても、落ち着いて解決できることが、我が子にはオロオロしてしまう。
義父を介護していた時もでしたが、今の父の介護も、子育ての時と同じように思うことがあります。 家族だと悩み、感情的になり、ついケンカまでしてしまう。 ケアマネさん、訪問看護師さん、デイケアのスタッフさんに助けられてやっと、、の介護です。

だから、番組をみて、『プロにお任せするのはお互いに幸せなことかも』とも思いました。

だけど、それはまだあとのこと(だと思いたい。) 今は、父の話をよく聞いてあげて、生活の中で父のできることはさせる。これまで通り、外出や外食を一緒にして楽しむ。
「゛介護が必要な”父」なんだけど、父は父。 年齢や病気で介護が必要になっただけ。 今は認知症や病気が重い状態ではないから、まだ気持ちに余裕があるのかもしれませんが、 なるべく感情的にならずに(^_^;)、一緒にいる時間を大切にできたらいいなと、番組を見ていて、私は思いました。

皆様はどう思われたでしょうか?
補足
  • 補足です。もうふたつ心に残ったのは、「認知症になった人の不安を分かってあげる。」と言う言葉と、「認知症の診察に連れて行ったときに、医者も家族も、患者さん本人の前で『ここがおかしくて。』『認知症がすすんで』などと話すのは、患者さんのプライドを傷つける。居ないところで話すべき話ではないか。」と言う話です。 私も父に精神科に連れて行って、先生と父の会話は黙って聞いていますが、気になることは父を待合室に待たせてから話します。先生は父には認知症とか『ここがおかしいですね。』とか言わないので安心ですが。やはり、父の前では詳しくは話したくはないので、上の言葉に共感しました。

    2019年09月04日 16:09

  • 応援コメントを贈る
    専門家 会員から
    10 の共感コメント
    とじる

    ※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

    既に会員の方はこちらからログインください。