介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護をふりかえって

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2019年07月19日 05:12

投稿者

疲れた nigomom さんの投稿 レギュラー会員

介護対象者の続柄:実父

認知症の有無:あり

要介護度:要介護2

介護状況:過去に介護をしていた

診断名:最後は誤嚥による肺炎でした

もう次はないのですが

お世話になります。以前「ケアマネジャーさんとのかかわり方がつかめません」(https://ansinkaigo.jp/member/questions/detail/20643)を投稿したnigomomと申します。その節は大変ありがとうございました。

4日に父が亡くなりました。6月末に自宅で転倒した状態で発見され、そのときは意識もあり入院後も応答はできていましたが、最終的には誤嚥性の肺炎が死因でした。共に海外在住である私も妹も、臨終には間に合いませんでした。

父の転倒後の入院中、CMさんからは状況を知らせるメールが来ていましたが、医師や看護師から言われたことを列記したあとで、「入退院の手続き含めて、ご家族様と病院との対応になるかと存じます」と書いてきました。そこでもう少し具体的に何が必要なのか書いてもらえないか、と少し強めの口調で返信したところ、「nigomomさんと論争したいわけではない。ご家族様が進めるわけではない以上、ご家族様のように動けないこちらの事情も了承いただきたい」と言われました。

考えてみれば担当している父がどうなるかわからない状況で、家族も遠方であることからCMさんも不安だったのだろうと思いますが、結局お互いどうしたらうまく協力して父の介護をしていけるのか、最後までわからないまま終わった感じがしています。

また、父がなくなったあと、CMさんの所属する介護センターの別の方が電話をよこし、開口一番「病院から聞かれたのですが出棺先はどこですか?」と言われたのにも驚きました。自分が知らない者に対し、悔やみを言う必要はないのかもしれませんが、ちょっとした言葉かけで物事が円滑になるとは思わないのだろうか、と不思議に感じました。

父の遺品を整理していて出てきた訪問看護のメモには、毎週の訪問時の父の様子が克明に記されていました。一方で毎月父に渡されていた介護サービスの計画書の「家族や本人の意向」や「方針」は期間中ずっと同じコピペであり、私たちがそのつどメールで伝えた意向が反映された痕跡はありませんでした。せめて訪問看護のメモを写真で撮って送ってくれていたら良かったのに、と思いましたが、CMさんが気を回してくれるよう期待することは、少なくとも父の介護体制においては難しかったのだと思っています。

これで父母を亡くした私には次はありませんが、せめて同じように遠方から唯一の肉親として介護をすることになる方にとって、非公式にでも本当に役立つ情報を提供できるようになりたいと思います。

みなさんの暖かい励ましにどれだけ助けられたかわかりません。本当にありがとうございました。今後もこちらを訪問させていただきますね。
応援コメントを贈る
専門家 会員から
4 の共感コメント
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。