介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護中(別居)

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2019年06月13日 07:57

投稿者

その他 迷い子のかいご さんの投稿 ゴールド会員

介護対象者の続柄:実母

認知症の有無:あり

要介護度:要介護4

介護状況:介護対象者が長期施設入所中

診断名:高血圧/脳出血/認知症

ヤングケアラーと若者ケアラー

若い介護者(=ケアラー)がヤングケアラーだと思っていたのが、違っていました。
皆さんにも知っていただきたく投稿しました。

ヤングケアラー(=子どもケアラー)は、家族にケアを要する人がいる場合に、大人が担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている18歳以下の子どものことです。

18歳〜おおむね30歳代までのケアラーが、若者ケアラーです。担うケアの内容は子どもケアラーと同様ですが、ケアの責任がより重くなることがあります。

大人でも介護をするのは大変です。大人でもたくさんのサポートが必要です。

ヤングケアラーの3割が小学生、4割が中学生だそうです。
学校生活や学業への影響も大きいのに、そういったことへのサポートの体制は整っていないようです。

若者ケアラーも、進学、就職、キャリアなどたくさんの選択をする時に、いろいろ制約が多いかと思います。

身近なところに、様々なサポートの仕組みができ、子どもが子どもとして普通の生活ができ、若者が選択肢を狭めずにすむ社会になるように願います。
応援コメントを贈る
専門家 会員から
8 の共感コメント
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。