介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護中(同居)

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2019年02月11日 23:33

投稿者

嬉しい わかやまと さんの投稿 レギュラー会員

介護対象者の続柄:その他(複数人介護、親戚など)

認知症の有無:あり

要介護度:要介護3

介護状況:同居で在宅介護中

診断名:高血圧

お風呂に行きました

デイを休むようになって半月以上経過。
今朝も体調が良くない、吐いた、ということでお休み。
とはいえ、食欲もあるし、今日は天気も良い。(寒いけど)雪も降ってない。
そろそろ風呂入れないとまずいが、我が家の風呂は無理である。寒さで死ぬ。
ということで、郊外にあるバリアフリーの浴場があるので行こう、と誘ってみる。
風呂には入りたいが、外出は億劫なのか渋る祖母をおだてて何とか連れ出す。
郊外の光景に更に不満げなのを宥めすかし、到着。
そこは介護施設が運営する公衆浴場。
入浴料も65歳以上400円なので、市内の相場とほぼ変わらない、というか多分相場より安い。
館内はバリアフリーを謳うだけあって、段差のない作りなどが徹底されている。
お風呂も広く、洗い場の椅子はクッション付きで、普通の椅子では尻を痛がる祖母も問題なし。
デイでは風呂には入れてもらえるものの、高血圧のため3分以上はお湯に浸かれないとぶーたれていた祖母は随分気に入ったらしく楽しい、親友も連れてきてあげたい、とはしゃぐ。
汗をかかない体質なので目に見えて汚れてはいないが、あちこち垢が溜まっていたのでこすり落とし、浮腫んでる足はお湯に入ってる間はマッサージをしておいた。
家に帰ってから、祖母はお嫁さん(長男の嫁、私から見ると伯母)に自慢の電話をし、その後、親友にも同じような自慢の電話をかけていた。
やっぱりお風呂はいいよねえ。(疲れました)
応援コメントを贈る
専門家 会員から
6 の共感コメント
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。