介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 共感広場 > 介護中(同居)

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2018年10月16日 11:00

投稿者

悲しい 眠りねこ さんの投稿 レギュラー会員

介護対象者の続柄:実父

認知症の有無:なし

要介護度:要介護1

介護状況:同居で在宅介護中

診断名:狭心症 心不全

虚しくて悲しくて・・・

はじめまして。
こちらに投稿するのは初めてです。
どなたかに聞いていただきたくて・・・

昨日、住宅改修が終わりました。
介護保険を使わせていただき、玄関・トイレ・お風呂に手すり、
義母の居室から洗面所に繋がる廊下を一部バリアフリーに。
担当の方やケアマネさん、職人さんは、とても丁寧に親切に作業をしてくださって本当に有り難く思いました。

介護のQ&Aで何度か相談していますが、
義母は92歳、要支援1。
二度目の介護認定でやっと実現しました。

一度目、デイサービスや住宅改修は義母だけでなく夫の拒否もあり、
何もサービスを利用することなく期限切れ。

二度目は、住宅改修を目的に半ば強制的に私が認定をお願いしました。
なので、当然義母も夫も不穏。
長い時間をかけて、手すりやバリアフリーの必要性を説得。
夫がやっと理解してくれて、今回実現しました。

工事が終わると、その便利さや出来栄えに、義母も夫も大変喜びました。もっと早くお願いすればよかったね、と。

今回、手続きやら打ち合わせやらは、すべて私が行っています。
そんなことは当然だと思って進めましたが、
終わってみると、とても虚しく悲しい思いだけ残っています・・・

義母は、職人さんには何度も頭を下げて「ありがとうございます」って言ってたっけ。
夫にも嬉しそうに「躓かなくなったわ。ありがとう」って言ってた。

私には?

仕事を休んで立ち会ったのも私。職人さんにお茶を出したのも私、床の工事のための溢れるモノを片付け移動したのも私。何よりも認定の手続きやこの工事を進めたのも私一人。
あんなに拒否して、暴言まで吐いたでしょう。
「私は何でも一人でできるのに、余計な事して!」って。

因みに、義母は年相応のもの忘れはありますが、認知症はありません。
嫁なんかに何か言われたくないし、頭なんか下げたくないのです。
夫にも訴えましたが、「喜んでくれたんだからいいじゃないか」と。

これからもこういう事が続くんだろうなぁ・・・って考えると
いっその事離婚して家を出ようかとも考えてしまいます。

同じような境遇の方いらっしゃると思いますが、
自分の気持ちにどう折り合いをつけていらっしゃいますか?
結局は、人間ができていない私の器の小ささなんだとも思いますが・・・
補足
  • 私には・・・ありました。

    「お金は出すわ」

    そうじゃない。お金の問題ではないんです。

    2018年10月16日 11:07

  • 応援コメントを贈る
    専門家 会員から
    6 の共感コメント
    とじる

    ※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

    既に会員の方はこちらからログインください。