介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 共感広場 > 介護をふりかえって

会員登録

ログインはこちらから

共感を新規投稿する

2018年04月13日 10:06

投稿者

悲しい ゆうづき さんの投稿 レギュラー会員

認知症の有無:なし

介護状況:同居で在宅介護中

介護が突然終わりました。

要介護3の母にガンが再発して緩和ケアに入院になり、終末期には家にも帰りたかったのに、間に合わずに逝ってしまった母、今はその悲しみをどう乗り切っていいかわかりません。
元々循環器も患っていたので、サインの必要な麻薬を使う前に逝ってしまいました。次の日から投与予定だったので、帰ってしまった深夜に連絡があり、死に際に間に合うことができませんでした。家族に会えなくて淋しかったのでは?ただ緩和ケアの看護師さんたちは優しく…
一気に心拍数が下がって私に電話直後ということだったので(知らされてはいませんでした)恐れていた痛みや苦しみはなかったとのことに安堵す?しか、自分を救えない気がしています。
が、長年介護をしてきて、送ってあげられなかったことは最大の後悔になりました。
入院前の介護そのものは、すべてのサービスを使って母も頑張ってくれていました。最期、最期に間に合いたかったです。何故、焦って逝ってしまったの?これから背負って生きていくのだと思います。
応援コメントを贈る
専門家 会員から
6 の共感コメント
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。