介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > totokoさんの日記

totokoさんの介護日記

はじめての方へ

ログインはこちらから

公開

2020年03月03日 押し入れからゴミ山

投稿者:totoko レギュラー会員

旦那がいたので、押し入れに入れっぱなしだったあれこれを引っ張り出す。
義母は欲深く、亡くなった自分の母親の持っていた金目の物を押し入れに隠していた。
ゴミ屋敷掃除でその存在は確認していたけれど、よくわからないので放置中。
しかし他にも義母の母の着ていた下着やらなにやら、たくさんあったので全部旦那に一度報告。
片づけていい物とダメな物を聞き、意見のすり合わせでガンガン片づけることにした。

旦那が一足先に帰ったので、和室に籠って押し入れの段ボールを引きずり出す。
巨大な茶箱もある押し入れは、義母の物でギッチギチ。
出てくる出てくる、どうでもいい領収書や家計簿、旅行先のパンフや箸袋…。
「いらない、これもいらない…」と、独り言を言いながらいらない物を和室に積んでいったら足の踏み場がなくなる
まだこんなにあったのですね、ゴミが…と、呆然としてしまう。
今回、義実家に来てからすでに30袋ほどの燃えるゴミと、山盛りの不燃ゴミを出しているというのに、狭くはない和室がカオス。
悲しい気持ちになりつつ、空になった衣装ケースや段ボール、押し入れの空間を見ると嬉しくなるという、複雑さ。
今晩もまた、ゴミ出し大会。
マンションの一番上から、階段とエレベーターを使って何往復かなぁ。
人に会いたくないから、深夜帯に地道に捨てる物悲しさ。
でも捨てた後の爽快感は好きだから、頑張ろう。

2020年03月03日 17:08

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。