介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > SACCHINさんの日記

SACCHINさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2020年01月14日 バッグ

投稿者:SACCHIN ダイヤモンド会員

お年玉の残りで、普段使いのバッグを買おうと思った。

ワタシが持ってる財布は、上の娘から、
バッグは下の娘からの、母の日のプレゼントだ。

どちらも、数年は持つので、毎年買ってもらってる訳では無いし、どちらもそう値段が張るものでもない。

ただ、そこに二人の感謝の気持ちが込められていると思うから、大切にしていたし、金額なんてどうでも良かった。
気に入ったからそれでいいといつも言った。

使っていたバッグは安売りのコーナーに下がっていた。
こんなのでいいの?ホントにこんな安いのでいいの?

あの頃の下の娘は、とても素直で優しい娘だった。
今とはまったく別人のよう(笑)

だから、古くなって傷だらけになったこのバッグを棄てて自分の欲しいバッグと入れ替えるより、また安くていい、気に入ったものをクリスマスプレゼントに貰おう…そう思った


でも、それももう無理だ
買い替えたい…使いたくない、あの時の娘の優しさも、何もかもが嘘だったと言っているのだから。

紛い物の気持ちなんていらない。

いつも買っているショッピングモールのバッグ専門店に行った。

ワタシが入って、あれこれ見ている間に、他のテナント店員がやってきて、店員同士の和気あいあいの会話が始まる。

バッグが欲しくて来たのか、ただの暇つぶしなのか…店内を歩き回り、バッグを手に取りながらあーだのこーだの…

ワタシの横を何度も通り

いらっしゃいませ!どうぞご覧下さい!

そればっかり何回聞いたやら。

すいません!お話し中申し訳ないですが、これ欲しいんですけど!
そう言えばいいのだろが…
何で?ワタシはお客様…客から店員に頼んで買う気?

急に、買う気が無くなった。

そのまま店を出て、何も買う気になれなくて帰ってきた。

今度、上の娘と一緒に行こう。
どの色がいい?聞いて買うことにする。

ずっとそうしてたことだから。
一人でバッグは買いたくない。

2020年01月14日 12:02

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。