介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > totokoさんの日記

totokoさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年12月01日 ゴミ屋敷の真ん中で 個人情報に悩む

投稿者:totoko ダイヤモンド会員

義母が大切に保存している書類、紙類は膨大な量。
給料明細、請求書、通帳等々、1970年代のものを見つけた時は一人で爆笑の私。
自分が独身時代に働いていた時の給料明細やらも大切?に保管の義母。
なんというか、物持ちが良いというか物を大切にしているというか…。

ガンガンと、シュレッダーなんか無視してそういうものを捨てながら個人情報について悩む。
義実家のものだけならともかく、荷物が届いた送り状、お中元お歳暮の注文書が。
あらゆるメールを印刷して出しているので、人様のアドレスも。
ゴミ袋何十袋にもなる紙ゴミ、すべてシュレッダーにかけるわけにもいかず、破り捨てるわけにもいかず…。
田舎なら直接搬入もあるのだけれど、それなりの都会だとそういうわけにもいかずとても心苦しく頭が痛い。
年賀状は捨てないでくれというから何十年分もすべて保管中。
馬鹿なの?と言いたいのだけど、言ってもいいのだろうか。
苦肉の策で、賞味期限が切れた焼き肉のたれ、ケチャップなどなど、ゴミ袋の中にかけまくっているけれど。
本当に嫌で嫌でたまらない。

旅行に行くのはいいけれど、行く前に手に取った旅行パンフ、計画書、申込書、切符、観光パンフ、土産のレシート、ホテルの明細、飲食店のレシートから箸袋…すべてまとめて保管。
それが何十年分もある…。
友達と行く時は、計画中のメールを印刷してそれに加えている義母。
私には、その心理がさっぱりわからない。
思い出を取っておくにしても、気持ち悪い。
義母の友達も「明日は楽しみね」というだけのメールを印刷し、箸袋と一緒に保管されているとは夢にも思わないだろうな。

旦那には「後始末を考えてごらん。迷惑でしかないから」と、同じく年賀状をため込む傾向にあるので忠告した。
自分で自分のものを適当に扱うなら自己責任。
だけれど、勝手にされて情報流出は如何なものだろう。
いや、私がすべてシュレッダーにかければいいのか…。
しかし現実的には、数十年分の個人情報をシュレッダーにはかけられない。
かけていたら、私はいつまでたっても自宅には帰れない。

ゴミ一つ捨てるのにも、義母のしょうもなさを感じてだんだん腹が立ってきた。


2019年12月01日 22:41

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

totokoさんからの返信(2019/12/03 07:27) ダイヤモンド会員

りこ様

おはようございます。

お父様も同じなんですね。
作業を任せると残すものばかりになるのも同じです。
紙って、1枚なら大したことがないのに大量にあると情報量も多いし困ったものです。

シュレッダーを使い分けるなんて、羨ましい。
私もそんな風に捨てたいです
せめて人様の個人情報だけでも。

我が家の片付けは短期間で、ということで余裕がないから辛いです。
義父母を自宅に戻さず、施設に入れるつもりで動いているのですが、お金の問題やらなにやらで最悪自宅に戻さざるを得ないのでまともな住まいにするために短期集中で戦っているため、全く余裕が持てません。
自宅に戻る気満々の義父に「帰れるようにこんなに綺麗にしました」と報告もしなくてはならず、なんだかなと思っていますが。

一番酷かった居間の紙ゴミは昨夜遅く、すべて綺麗さっぱりなくなりました。
別の部屋にもまだ沢山あるはずなのですが、居間の量から比べればごく少量なので少しはきちんとできるかなと思います。
ちゃんと自分でして欲しいですよね。
自分は絶対にこうはなるまいと、心に誓っています。

りこ様は長期戦、私は短期戦ですがお互い頑張りましょう。


totokoさんからの返信(2019/12/03 06:57) ダイヤモンド会員

トゥッカーノさん

おはようございます。

お父様と義母、同じです
絶対に使うはずないのに、取っておくと言い続けて現在に至っています。
私もトゥッカーノさんと同じように、義母の目の届かない場所にそっと隠し、忘れた頃に捨てた物が沢山あります。
なくても困らないし、なんなら何十年も忘れていた物なんですけどね…。
捨てたとわかると「価値観はそれぞれだから」とわかったようなことを言うので腹が立ちました。

シュレッダーにかけた方がいいのは重々承知の上、広いリビングを埋め尽くしている紙類にはお手上げ。
ご家庭にあるシュレッダーでは用が足りないのでそのままという、投げやりな捨て方になりました。
最初はすべて切っていたんだすけどね…。
収集車が来る前に出す、いいアイデアですね。
ただ、一度に出す量が数10袋となるとどうだろうと不安になります
義母が入院したので一気に進めた弊害と言いましょうか、たかがゴミですが取り扱いには本当に苦労します。

りこさんからのコメント(2019/12/02 19:21) レギュラー会員

こんばんは。

まさに、実家の父と同じです。
結婚後のありとあらゆるもの、給与明細は初任給から退職まで、旅行関係パンフ、写真、日記に手帳。

で、それらは、私が実家に行ったときに見つけ出してはシュレッダーしています。
ものにより、ストレートカッターとクロスカッターにわけてます。

totoko様が思案されている送り状や贈り物の注文票もシュレッダーしています

すでにほかのところに転居されているかもしれないけれど…

通いながらなので、2年経ってもまだ終わりせん
(シュレッダーの連続使用時間にも阻止されたりするので)

でも、時間が許されるならすべてシュレッダーされたほうがいいと思います。

それがだめなら、totoko様のされているような方法、もしくは百均などで売っている情報の上から無意味な文字をプリントするスタンプを押すのも手です。

本当に、自分でちゃんとしておいてほしい!って思いますよね~
お互い、頑張りましょう

(うちでは選別を父に任せると、残すほうにばかりするのも、時間がかかっている要因のひとつです)

トゥッカーノさんからのコメント(2019/12/02 17:57) ゴールド会員

私の父は、壊れた物でも捨てられない人でした。
壊れているから捨てていいか聞くと、
使わなくなって何年も経っているのに修理すると言い張りました。

私は父が忘れていそうな物を、まずは父の目の届かない所に移し、
しばらく様子を伺います。
何も言われなければ、捨てる。
これを繰り返していました。
たまに、文句を言われましたが、
「判らない、知らない」で突き通しました。
これは怒られそうと思う物は、何も言われず、
これは大丈夫だろうと思ったもので、怒られました。

シュレッダーにかけた方がいいけれど、
量が多くて大変な場合、
ゴミの収集車が来る時間の少し前に出していました。

参考にならないかもしれませんが、
動いてみて反応を伺いながら、どうするか考えると良いと思います。

totokoさんからの返信(2019/12/02 11:35) ダイヤモンド会員

カラミンサさん

おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

『実家片づけ』のドキュメンタリー映画、なりますでしょうか(笑)
昔、友人に「小説が書けるよ」と言われたことはあります。

カラミンサさんも水でもみもみなのですね。
同じようにしている方、結構いるのでしょうね。
でも、10年分以上もあると浴槽に付け込んでも溢れると思うのでやりません…。

義母は確かに昔、腰掛でしたが秘書をしていたことがあります。
しかし、それが理由で管理をしているのではないと思います。
なんというか、ある種の病だと思います。
まとめてはいますが乱雑だし適当だし、結局義母だけが見てわかる程度のものなので。
メールをいちいち印刷していたせいで買い込んでいたらしい、プリンターの黒インクのストックが大量に見つかったのですが、もはや何と言っていいのか言葉が見つかりませんでした。

片づけながら、このままマンションのベランダから全部投げたいなぁと思ったこと、あります。
風で飛んで全部どこかに行けばいいのに…と。
個人情報が漏れたって別にいいさと、こちらの頭がおかしくなりそうです。

書類関係のゴミ、本当に嫌になるくらい疲れます。
それなりに落ち着いてきたので、もう少し頑張ります。


カラミンサさんからのコメント(2019/12/02 10:30) プラチナ会員

totokoさん、おはようございます。
『実家片づけ』のドキュメンタリー映画になりそうですね。

私も個人情報はお母様と同じくシュレッダーにかけない物は水に漬けてもみもみしてますが、1年分だって大変です。

友達の「明日は楽しみね」というだけのメールを印刷されてるとは義理母様のお家は想像を絶します。
類を見ない思考回路(失礼)ですが、書類管理が必要な秘書や経理などを昔されていたのでしょうか。


以前、大量の年賀状や写真が交通量の多い国道に散乱しているのを見た事があります。
あまりの量にうんざりして、個人情報そのままでごみ袋に入れ捨てたものが破けて、風で飛んだ?勝手に、そう解釈しましたが、気持ちはわからなくもない。

totokoさん、何の力にもなれず、エールだけですみません。
どうぞ、体調を崩されたりなさらないようにして下さい。
こんなお嫁さんが居て下さり、心強い。


totokoさんからの返信(2019/12/01 23:49) ダイヤモンド会員

めっちめっちさん

こんばんは。
同じような状況とは…本当に嫌ですよね。
挫折中ということですが、いずれやると思うとお辛いと思います。
タレとケチャップなどなど、賞味期限切れの液体をぶちまけてます。
昔々、母が何かの書類に水につけて揉んでいたのです。
「なにしてるの?」と聞いたら「絶対に見られたくないのはこうするとわからなくなるの。濡れてると見たくないだろうし。濡らすだけだから楽よー」と、切るより水分につけたり汚してしまう方が楽ということを知りました。
なるほど、汚れたり濡れていたりすれば触りたくないなぁと感心したことを覚えています。
幸い?義実家には口に入れたら危険な液体が沢山あるので捨てるついでにビューっと。
水はもったいないので
お試しあれ。

めっちめっちさんからのコメント(2019/12/01 23:20) ゴールド会員

Totokoさん
お疲れ様です。
多分、同じような状況だと思われます。
現在挫折中なので、実際にやったのは全体のほんの一部だけど、同じ気持ちで紙類を処分しました。
それにしても、賞味期限切れのタレやケチャップとは凄いアイデア。
素晴らしいです。
その日のために、忘れないように、しっかり覚えておきます。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。