介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > totokoさんの日記

totokoさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年12月01日 ゴミ屋敷の真ん中で 保険がわからない

投稿者:totoko ダイヤモンド会員

居間の掃除が、いよいよ終了間近。
一番ひどかった義母のベッド周りの服は面倒くさいので捨てず、ベッドを整えてまとめて置いた。
山盛りの服、下着…。
次に何かあって着慣れたものがわからないのも困るし、捨てるのは簡単なので良しとした。
ベッドの下の地層状の埃は掃除機で吸えるところは吸い、放置。
残りは次回までのお楽しみ(笑)
部屋中に積まれていた紙ゴミ、一掃。
昨夜はゴミ袋、紙の束、段ボール、紙箱を数十個、ゴミ捨て場にこそこそ持って行った。
捨てるだけで数十分かかって、終わった時は足と手が痛かった。
まだ荷物が床に転がっているけれど、寝袋を敷いて寝ることができた。
これで義父の臭いベッドから解放、義父の北側の寒い部屋から解放。
頑張った、私
一人で浮かれる。

書類関係を延々と片づけること数日、今日は弾いて残したものを改めてチェックする。
うーーーん、保険の数が多すぎてさっぱり…。
疲れてくると訳が分からなくなるので、朝起きてから昼くらいまでにすることにした。
現在、食卓テーブルの上にどっちゃり置いてある書類の数々。
昼過ぎからは一切、手を付けていない。
義父は確定申告をしたそうにしていたけど、何が何やら。
去年やっていたものを発見したので、今年に必要そうなものをとりあえず集める。
保険の請求、義父母共に請求期間内のものがあるらしいのだけど、会社によって様々だし、一体いつ入院したのか報告を受けていないのでよくわからない。
後期高齢者の医療費通知?で、今年義父が最初の肺炎で入院したことは確認したけれど。
そもそも、義母がどれをどうやって請求したのか、請求していないのかがまったくわからない。
私、義母が1970年代から領収証や請求書、今はもう使っていない通帳や保険証書までご丁寧に保存しているので、ウンザリして片っ端から捨てた。
それが仇になっている気がする…。
旦那には、過去のものについては勘弁してくれと伝えた。
「しょうがないよ」と即答。
自分は何もしていないし、私よりもっとわからないから素直に許可を出してきた。

義実家でカオス、魔窟として残っているのは和室だけになった。
和室は義母のお衣装部屋なのであまり捨てるものが出ないのでは?と普通は思うだろうけれど、化粧品や書類、紙ゴミはいくらでも転がっているので結構捨てられる。
たまに食料品が出てきたりもするので気を許せない魔境、それが和室。
和室の奥には、3年前に私が作り上げた箱ティッシュタワー、トイレットペーパータワー、キッチンペーパータワーがそのまま残っている。
そして、義母がこよなく愛ている紙袋の山が…。
使える紙はどこか施設などで使ってもらえないかな。
置いておいてもいいけれど、誰も使わない気がするし日焼けするし。
なにより場所がもったいない。
紙袋は気分次第かな…。
9日、義父の要介護度の再申請をするために立ち会う。
それまでに何とかなればいいな。

あぁ、それにしても保険、よくわからない…。


2019年12月01日 22:00

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。