介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > まるなんさんの日記

まるなんさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年10月10日 連絡のあった特養へ面談をしに行ってきました

投稿者:まるなん ダイヤモンド会員

今日はお昼から特養へ面談に。
1年半ぶりに伺いましたが、建物の入口からなんだか柔らかい感じ。
すぐに相談員さんが来てくれ応接室に通してくれました。
簡単に今の現状などの話をしてから、気になることの質問攻めしました。
面会時間は?毎日来てもいい?とか、カンファレンスのことや何かあった時の連絡頻度など今の老健で疑問に思ってることなどしつこいぐらいに聞きましたが、きちんと返答してもらえました。

途中から看護師さんと介護士さんが来てくれ、処置的なところの話をしました。
1番気になっている体を起こすことについては、少しでも体を起こす時間をとるようにしているとのことで可能であれば毎日車椅子に乗せて談話室で過ごしてもらったり、行事に参加してもらうとのことでした。(ここだけは父を見てからになるとは言われましたが…)
体の大きい人を起こせるようにハンモック?的な移動する機械もあるとのことで、どんな人でも起こす!という意思が感じられました。

次に胃ろうの話になり、ケアもきちんとされているようで安心できました。毎食ガーゼ交換と1日1回は消毒など今の老健では考えられないケアにびっくりしました。
また、栄養注入は今1,200kcalしていることを伝えると特養では多くても1,000kcal(朝晩500kcal)にしているとの返事が…。
看護師さんがいる日勤の間に注入を全てするとなると朝昼晩注入していたら、1日のほとんどを注入して過ごすことになる。体を起こす時間を作るためにも、朝晩だけ栄養注入して昼は白湯のみ注入しているらしいのです。
でも、父が1,200kcal摂取が体的にピッタリなのであれば朝晩500kcal注入して、昼は白湯に200kcal栄養注入すれば体を起こす時間も確保できそうとすぐに考え返事をしてくれました。

他にも調子が悪くなった時の対応や口腔ケア(歯科)、オムツ交換や痰吸引など細かいことまできちんと答えてくれました。
1時間の面談予定でしたが気づけば2時間も経過しているのに、適当に扱われることもなく対応してもらえました。
最後にこちらから言う前に再度施設見学させてくれ、入所したら入る部屋に案内してくれました。
施設自体の細かい話もしてくれたし、前に見学した時よりしっかり確認することができました。
帰る間際に本人(父)に会いに行って前向きに入所を検討していいか聞かれたので了承して帰宅。

今の老健はフロアに入った瞬間、空気がどんよりしているし色々な匂いがこもった感じがするけど今日の特養は全くそんな雰囲気がなく、匂いも気にならないし暖かい空気が流れていました。
職員さんも忙しい中でもきちんと挨拶してくれたし、入所者さんものんびり過ごされていました。
今日対応してくれた相談員さん、看護師さん、介護士さんがとても優しかったこともあり、移ってもいいかなぁと思えました。
主人もアットホームな雰囲気でよさそう。匂いも変な匂いしなかった~今のとこよりかはいいんじゃない?と言ってく、同じことを感じていたので安心しました。

トントン拍子に話が進めば今月末にも特養に移ることになりそうです。
実際父をみてもらってになるけど、いい返事が返ってくればいいなぁ。

特養面談の後はいつも通り父のところへ。
「ただいま!」の声かけに(おかえり)の返事をもらってから、ケア開始。
今日はお風呂の日だったので、顔拭きとPEGケアはお休みして口腔ケアから。
嫌がることもなくすんなり口腔ケアさせてくれ、綺麗にすることができました。
口腔ケアの後は、体のマッサージとストレッチをしてから体を起こして座位保持の練習。
15分ぐらいのんびり口のトレーニングしたり、話をしながら過ごしてから横にして声かけ。

★父の返事︰()は口パク、「」発語
「今日は調子どう?」→(普通)
「しんどい?」→(ちょっとしんどい)
「枕の高さと体の位置は大丈夫?」→(大丈夫)
「昨日は寝れた?」→(と思う)
「今はどんな?」→(ちょっと眠たい)
「夜は寝れる時に寝てね」→(わかった)
「テレビは見る?」→頷く
「ニュース?」→(ニュース)
「ニュースの後は?」→(特にないよ)
「昨日の相棒見る?」→横に首を振る
「適当にバラエティつけとくよ?」→頷く
「イヤホンは?」→(両方)
「今日ね、特養の面談行ってきた~なかなかよさそうだったけん移ろうかなと思うけどいい?」→(かまんよ)
「移っても毎日会いに行くし、父さんのことするけんね」→頷く
「また決まったら伝えるけんね」→(わかった)
「今日はまだ話してもいい?」→横に首を振る
「もうええん?」→頷く
「なんで?」→「話すの疲れた」
「そっか、じゃぁもうニュース見る?」→(見る)
「そしたらイヤホンつけて帰るよ」→(わかった、気をつけて帰れよ)
「うん…また明日仕事終わったら来るね」→(待ちよろわい)
「はーい!父さんはゆっくり休むんよ」→頷く
「じゃぁ、また明日ね」→(また明日)
「父さん、バイバイ」→(バイバイ、まるなん)

今日は父の状態も安定してたし、一安心。
特養の話が決まるまでは少しバタバタしそうだけど、父にはいつも通り全力でケアしてコミュニケーションとって不安にさせないようにしよう!

2019年10月10日 22:56

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まるなんさんからの返信(2019/10/11 12:10) ダイヤモンド会員

桜咲くさん、こんにちは。

誠実な対応だったな~と振り返っても思いますし、とても印象がよかったです。

レクリエーションもなるだけ参加してもらうと言われていたし、車椅子に乗せてくれてレクリエーションに参加して…が実現できるならいいなぁと思います。

まるなんさんからの返信(2019/10/11 12:08) ダイヤモンド会員

seiko2000さん、こんにちは。

なるほど…確かに横にしているより起こしている方が覚醒している感じがします。

出来ること出来ないことはあると思いますが、毎日少しでも起こしてくれるなら私としては御の字です。
今からもっと元気になれるように施設の力を借りながら私自身もきちんとサポートしていけるように頑張ります!

桜咲くさんからのコメント(2019/10/11 05:02) ゴールド会員

まるなんさん、おはようございます。

早速、見学されて説明受けられたのですね。

文面から見て、良さそうな雰囲気です。
きちんと疑問に答えて、具体的な対応も考えてくださっているようですね。

何より、座位を保持!とても大事です。
体幹は勿論ですが、見える景色が広がるので、脳へもとても良い刺激になると聞きました。

レクリエーションにも参加できると
尚更ですね!

選択肢が増えることはありがたいです。
よく検討されてくださいね。

seiko2000さんからのコメント(2019/10/10 23:13) ゴールド会員

まるなんさん こんばんは

良さそうな特養で、よかったですね。
入所が決まるといいですね。

毎日身体を起こすことは、とても大切なことだと思います。
体幹がしっかりしてくるし、覚醒も良くなります。
ある呼吸器科の先生は、「ベッド上安静の状態では、腹腔内臓器の重さがかかることで横隔膜の動きが制限され、換気量が低下する。それにより痰の貯留や下側肺障害、感染の助長、呼吸状態の悪化につながるため、不必要な安静は有害である。」とおっしゃっています。

少しずつでも起こしてもらえるといいと思います。
私は、在宅で毎日母を座らせていますが、しっかり座るようになってきました。主治医にも、「すごくしっかり座ってますね。」と言ってもらっています。
母は92歳。まるなんさんのお父様は30歳程お若いのだから、もっともっとお元気になると思いますよ

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。