介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > SACCHINさんの日記

SACCHINさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年10月10日 ゆっくりな朝

投稿者:SACCHIN ダイヤモンド会員

昨日は、孫をお風呂に入れて夕飯を食べさせてから帰した。

準夜勤のムコ殿は頼れないので、お腹の赤ちゃんが下がって来てる娘の負担を減らすため、寝るだけにして、大量のおでんも持たせて見送った。

そのあとは一人でのんびり。
そして、今朝もばあさんの世話もなく、泊まらなかったから孫の世話も当然なく、久々にゆっくりな寝起き。

朝のコーヒーをこんなにのんびり飲むことなんてしばらくなかったから、まったりしながらも何となく気持ちが急く。

もう、長いことの習慣は染み付いてて、朝は忙しいもの…コーヒーは飲みきることなんてまずない…あっちへおき、こっちへ置きして、冷たくなってから家事の合間に一気に流し込むもん…になってるのかもね(笑)

今日は大型台風に対処するために、灯油やら防災グッズを買いたいらしいので、孫だけ預かることになっている。
夫婦で孫を連れていくと、孫は歩かなくなる。パパが自由に歩かせてはくれないから、グズって抱っこするしかなくなる。

そうなると、買い物荷物はお腹が重いのに娘が抱えるしかなくなる為、孫は預かることにした。

午前中の散歩の時間までには来るらしいが、11時頃だし、洗濯やら掃除はそれまでやればいいのだから余裕~(*^^*)

ウチも廊下や階段のセンサーライトの乾電池交換して置かなきゃ。
夜中に停電した時のために、導線上に震災後に取り付けたもの。

人の気配で明かりがつくセンサーライトは、取り外して懐中電灯にもなる。
また卓上灯にもなる。

これをトイレ前、階段上、階段下の廊下、キッチンと茶の間の間に。

普段寝る時、明かりを消しても意外と小さな明かりが家の中には残っている。
炊飯器や電話機、コンセントスイッチやモデム…電源を切らない電化の明かりがある。

停電すると、それら全てが消える。
本当の真っ暗闇というものを震災の時に体感。

明かりがないということが、どんなに心が寒くなるものか知っているから、真っ先にセンサーライトを揃えたのだ。

気象庁が早々に発表した大型台風の猛威は、いつものように肩透かしになってくれればいいけども…準備はしておかねば…

ここは元々、蔵王下ろしの暴風が吹く場所だけに、風には強いとこだけどね。

土日はデイサービスも休止になるだろか…
被害が出なきゃいいねぇ…(´-ω-`)

風で飛ばそれそうなものは撤去しておきますか。
用心用心…ウン“((・-・*)コクリ


2019年10月10日 09:06

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。