介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > onimusumeさんの日記

onimusumeさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年10月07日 今日も元気にボケてます。光と影

投稿者:onimusume ダイヤモンド会員

>介護って、大変な事ばかりではありませんよね。
>共に生きることで得られること、たくさんありますものね。
>単に知恵をつけるだけでなく、
>人間の器を大きくしてくれるというようなことも。

昨日の日記に○○りっちさんから頂いたコメントに

母と一緒に暮らすことで、介護の世界に足を踏み入れることで
随分と(余計なものも含めて)知恵もつき
人間としても成長できたと思っています・・と、お礼を書いていて
何故か急に思い出した曲がある

「青春の光と影」 Both Sides Now:Joni Mitchell –
・・・私が聞いていたのは、ジャニス・イアンの其れですが・・
其の最後の部分

Well something’s lost but something’s gained
In living every day
日々の暮らしの中で失くした何か、得た何か

I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all
両面から人生を振り返ってみる、
勝者側からも敗者側からも・・だけど・・
自分が思い出すのは思い込みや錯覚だらけの人生
人生なんて全然分からない・・・・・勝手に意訳してます(*´∀`*)

介護をする「羽目」になるのは不幸?
自由時間が奪われる 下の処理に追われる
記憶が無いために我儘と捉えられる行動ばかりする母との戦い・・だけど

介護をする・・しか選べなかったお陰で
自分にも身近に迫った老いを理解出来た様な
年金、医療、介護・・お金の流れを理解出来た様な
(何しろ、勝手に使わせて貰ってます
育てて貰った恩を返せた様な、
(偶に倍返ししてるんじゃないかと思う事も
其れだけ母は長生きしてくれているんだと思える様な

光と影:良い面と悪い面:Both Sides
思い出してからずっと頭の中に流れているこの曲が・・今の私には
母の介護をする人生も、悪い事ばかりじゃない・・

そんな風に聞こえてくるのは
この介護日記を通じで分かり合える介護仲間に巡り合えた事が大きいかも?
そこに今日も元気な母の笑顔・・この二つがあれば

私にとっての介護生活はそんなに捨てたものじゃない


2019年10月07日 16:00

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

onimusumeさんからの返信(2019/10/08 17:47) ダイヤモンド会員

まいごさん こんにちは

私の場合、良くも悪くも一対一で、他の兄弟達の援助もなければ他への遠慮もないので
責任を負う代わりに好き勝手し放題

暗くなっても仕方ないので、いいとこ取りしています。
大人になる・・・今更ですが確かにそうですね
まあ良いか、と諦めて許して流せるようになれば・・・楽
母の年金を自由に使えれば・・・楽
呑気なババ様と暮らしてると思えば・・・楽
これも母が健康で居てくれるからとは言え

BENとプンプン呪詛を吐くオババ様を無視出来る大人になるのは
中々難しいですね

コメント有難う御座いました(⌒▽⌒)

まいごさんからのコメント(2019/10/08 15:46) プラチナ会員

onimusumeさん、こんにちは

gainばかりでは生きて行けないですよね。
古い何かを捨てないと新しい何かは得られないと言われる事もありますし・・。

onimusumeさんの日記の表現による部分も大きいかもしれませんが
お母様とonimusumeさんペアはとってもステキだと思います。
もちろん、毎日の介護は本当に大変だと思いますが・・。

介護が始まって辛い事や虚しい事も多いですが、
私自身も介護のお陰で少し大人になれた気がするなぁと、
今日の日記を読ませてもらって思いました

onimusumeさんからの返信(2019/10/07 22:32) ダイヤモンド会員

さやりっちさん こんばんは

こちらこそです(∀`*ゞ)
さやりっちさんのコメントの流用・・お許しください(*- -)(*_ _)ペコリ

昨日コメント頂いて、そうだよね。介護生活ってマイナスだけじゃないよね。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
良い面だってあるよね
そう思ったら急に
Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the airって浮かんできて、
日記を書いちゃいました(^▽^;)

コメントが重なりますが、
他の姉弟との軋轢がない私と、本来なら他の姉弟がしても・・と感じるさやりっちさんでは、「諦め具合」が違って当然。
不満を掻き立てられて当然ですよね。

だけど、見方を変えれば近づかない姉弟さんよりも「母親を何時も近くに感じられる。母の娘として暮らせる」のは、幸せな事かも知れない・・そんな気もします。

>ああ、面と向かって話せたらいいのになあと思うこともあるよ。
・・・ホントに
でも、日本の何処かに安心介護の仲間がいて、理解してくれる
応援してくれる・・そう思えるだけでも違いますよね。

コメント有難うございました。

さやりっちさんからのコメント(2019/10/07 21:59) ゴールド会員

onimusumeさん、こんばんは。

人生って、選べないことたくさんあるよね。
「人生なんて全然わからない。」
そうだね、本当に。

でも、私、自分のこれまでの人生、よかったと思っているよ。
母がこんなに年老いたときも、母とともに過ごせて。

もう、いい年になって、結婚しない人生をも考えていた私に母は結婚しろとうるさかったけれど、それは結果的に良かったと思っているよ。

幸いにも結婚できたこと、これまた幸いにも子どもができたことも、よかったなあと思っているよ。

自分のほうのきょうだい関係は悪いけれど、夫のほうはうまくいっているので、よかったと思っている。

介護をする羽目になれば、どうしたって、自分自身のための時間は減る。
でも、なんか、得るものもあるよね。でも、母が在宅のころは、なかなかそういう境地になれなかった。長女と長男に囲まれた二女の私がどうして・・・・と、そう思うことが、不満を掻き立てることがあった。この安心介護との出会いはよかった。今、二女の私が・・・という思いは全くない。

ああ、面と向かって話せたらいいのになあと思うこともあるよ。

話題に乗せていただき、恐縮しております。
(急に、です・ます調で、失礼いたしました。)

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。