介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > むうみんちゃんさんの日記

むうみんちゃんさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年10月03日 時折思ってしまう事

投稿者:むうみんちゃん レギュラー会員

父親はもう、何ヵ月も口から飲んだり食べたりしていないのに、私だけこんなに美味しいものを食べていいんだろうか…
母親はもう、何年もベッドで寝たきりの生活なのに、私だけ出かけたり、ちょっと楽しんだりしていいのだろうか…

介護の合間の息抜きなのに、罪悪感を感じでしまう事がある。馬鹿だよね。私…

2019年10月03日 23:42

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

むうみんちゃんさんからの返信(2019/10/05 23:12) レギュラー会員

ルルルさん
コメントいただきありがとうございます。

お父様、見送られたばかりなんですね…
ルルルさんも頑張ってこられたんですね。

あたえられた運命…そうですね。何かあって今があるのでしょうね。
ルルルさんの言葉に背中を押されたような気がします。
胸はって、自分の人生楽しみます。
ありがとうございました。

むうみんちゃんさんからの返信(2019/10/05 23:05) レギュラー会員

Lavenderさん
コメントありがとうございます。

自分の気持ちをわかっていただける事、とても嬉しいです。
忘れたくても、常に親のことが頭にあり、心からの息抜きができません。
親にも気を使ってしまいます。
疲れますね…
でも、貴重な息抜きの時間は大切にしないとですね。
ありがとうございました。

むうみんちゃんさんからの返信(2019/10/05 23:00) レギュラー会員

トゥッカーノさん
コメントありがとうございます。

そうですね。親が私の年齢の頃は、自分の人生を楽しんでいましたね。

親は喜ぶかどうかはわかりませんが、自分の人生を大切にしていこうと思います。
ありがとうございました。

ルルルさんからのコメント(2019/10/04 10:58) レギュラー会員

むうみんちゃんさん

よーく分かります。

9月末に父を見送りました。

この5、6年、週1日 往復3時間かけての実家通いに始まって、母 施設入居、父 骨折入院。
諸々の事務手続き、洗濯物、母の通院介助など、仕事をしながらだったので、ヘタすると15日間休み無しなんて事もザラでした。
両親は末っ子同士だったのもあって、祖父母の介護なんて全然してません。
トゥッカーノさんのおっしゃる通り、私の年齢の頃は、2人とも趣味三昧でした。
その事を 何度恨めしく思ったことか(笑)

人はそれぞれ与えられた運命みたいな物があるんじゃないかと思うので、残された母についても、私は私の出来る限りのことを淡々とやっていこうと思います。

むうみんちゃんさん、胸張って、美味しい物食べて、自分の人生楽しんで良いと思います!

Lavenderさんからのコメント(2019/10/04 08:49) ゴールド会員

むうみんちゃんさん おはようございます。はじめまして、でしょうか。

わかります。
介護の合間の息抜きの時、偶然、職場の人に会ったりすると、「休みなのに、お母さんと一緒じゃないの?」と言われたり、私が母を連れていないと周りを見渡す仕草をされたりします。
息抜きだって、自分に言い聞かせながら息抜きしているので、真から息抜きはできていないのかもしれません。

トゥッカーノさんからのコメント(2019/10/04 00:25) ゴールド会員

ご両親がむうみんちゃんの年齢の頃、
美味しい物を食べて飲んで、行きたい所へ出かけていたと思います。

ぐっすり休んで大いに楽しんだ方がご両親は喜んでくれるのでは?

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。