介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > jimuin7035さんの日記

jimuin7035さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年09月17日 段々と奇行が・・・。

投稿者:jimuin7035 プラチナ会員

今日は、私は 4日ぶりに仕事に行ったため、病院に行ったのは、お袋だけ。
仕事も進めないといけないのだが、やはり、親父の状況も気になる。
定時で仕事を切り上げて、19時前に自宅に戻り、まずは、お袋に、今日の親父の状況を聞いたら・・・、「病院に着いたら、お父さんの両手がベッドのバーの所で、ひもでくくられていた。」との事。
実は、これには伏線があり、15日の夕方に、私とお袋が病院に行った(←15日は、16時までは我儘を許して貰い、私は出かけていて、午前中は、お袋と妹が病院に行った。)際、普段はベッドで寝ている親父が、この時は、「便が出そうなんだ!。」と不機嫌そうに言いながら、ベッドの上に座っていた。
それなら、すぐ近くのトイレに行けばいいのに、足元が覚束ない事だけは、いくら、認知症の親父でも、これは判っているのか、とにかく、動こうとしない。
仕方なく、お袋がナースコールをして看護婦さんを呼び、再び、親父をベッドに寝かせて、オムツを外し、指で、大事な所辺りを処置した結果、少量ながらも便が出たようで、親父も、少しは、気分的に楽になったようだった。
ところが、これに味を占めてしまったのか、今度は、自分で、そのような事をしたから、一気に大量の便が出てしまい、身体全体が汚れてしまうという、とんでもない事態となったそうで、今後、余計な事をさせないための緊急手段的に、ひもでくくったとの事だったそうだ。
更に、今日も、お袋が、比較的、症状が軽い患者さんと話をしてた際、親父は寝ていたにも拘らず、会話が聞こえたのか、その患者さんに指をさして、「話すな!。」というジェスチャーをしたそうで、本当に呆れてしまった。
今日の昼食も、3口くらいしか食べず、いくら、お袋が薦めても、「食べたくない!。」と言い、そのくせ、20分くらい経って、ジュース系栄養飲料を飲むかと、お袋が言えば、「飲むわ。」と言って、飲む。
唯一、親父の表情が緩んだのは、とにかく、身体中が汚れてしまったので、午後に、シャワーで、頭から身体の隅々まで、綺麗に洗って貰った時との事だった。
寝巻やベッドのシーツも替えて貰ったので、今日の午後以降は、スッキリとした気持ちにはなったろうが、入院してから 5日が経ち、段々と奇行が増えていった感じがする。
以前、腰をやっちゃてるから、そんなに長くは歩けないのは判ってるけど、つい、この前は、脳障害を持っている患者さんが、親父のベッド近くまで来て、じっと見ているから、「オレの家(←場所)に来るな!。」と一喝&睨み返したそうで、本当、困った患者リストのトップに来るくらいの事をやってる。
これも、認知症の影響もあると思うんだが、いよいよ、最悪の事態を考えないといけない時期に来たらしく、近々、ウチら家族とデイケアのスタッフさんと、今後の事について話し合う機会を設けた。
これまでも、親父の我儘さと傲慢(?)さに辟易している、お袋と私。
いや、私よりも、お袋の方が疲れ切ってるかもしれない。
今は、親父を病院に行かせているので、少しは楽かもだが、結局、毎日、病院には顔を出すので、気疲れ的な部分はあるかもしれない。
正直、今後、自宅で親父の介護をする自信はないと言っていいかもしれない。

2019年09月17日 22:12

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。