介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > SACCHINさんの日記

SACCHINさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年09月17日 凄いよね…

投稿者:SACCHIN ダイヤモンド会員

昨日は1日中食っちゃ寝~だったのに、8時を待たずして寝てしまったばあさん。

今朝は起きるのだろか…と思っていたけど、しっかり早起き…7時には朝ごはん待ち。

まだ早いのになぁ…と思いつつ、キッチンで遭遇すれば

今日、ワタシは行くんだっちゃね!ないんだったいか!?

行きますよー!

ないの?!

行くのーー!

行くんだっちゃね!

そうですー!

分からないけど、起きた…
それだけでも凄いよね…と思う。

三歩歩けば忘れてしまう短期記憶の薄さなのに、デイやショートに行くことだけは忘れない。

利用を決めてからの10年余りの年月の習慣で、消えることがない記憶になったということなんだろうね。

長いことそうしてきた…昔の習慣が未だに抜けないことを考えれば、日々の繰り返しが、認知症にとってはどんなに大切なのかよく分かる。

風邪を引いたら風呂には入らないとか…寝る前は風呂に入らなければ…

それを、違うのよ!鼻水程度でお風呂休んでたらずっと入れないから!とか…
デイでお風呂入ってきたのだから家で入らなくていいの!
なんて三歩歩く度に追いかけて何度話したって変わらない。

それだけ、習慣というものは消えない記憶であるのよね。

厄介でもあるけど…それで助かってることも事実。

認知症が進行して、その習慣すら記憶から消えてしまったら終わりかなぁ…

見送りながら…偉いなぁ…と関心する一方で…

これが最後の砦のように思えてしまう。

2019年09月17日 08:51

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。