介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > もも0047さんの日記

もも0047さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年09月11日 母が怒っていました。(介護外)

投稿者:もも0047 プラチナ会員

父は明日から畑仕事をしにでかけます。

時代劇づけから離れられます。クーラーも入れ放題です。

母は膝のいたいのを診てもらう為近くの病院にいっていました。

そこで再生医療をするみたいです。

糖尿病とがんのひとはできないそうです。

なんと35万もかかるそうです。

血液をかえしてそれを培養して膝に注射するそうです。

でも効き目は2年だそうです。

今でも痛い痛いといっています。

ばばがショートステイに2泊3日いくのでお小遣いがへらされます。

やんわりとお小遣いへらしても再生医療するのねといったら

したらあかんのかとすごい剣幕で怒ってました。

私も癌のとき免疫治療してもらっていますので

なんにも言えませんでした。

母はケチだから貯めていたんでしょうね。

2019年09月11日 18:57

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

もも0047さんからの返信(2019/09/12 18:45) プラチナ会員

とかのーさんコメントありがとうね。
再生医療をするのは母です。今76才になります。
ばばは99才でなんにもしません。
いろんな医者がいるんですね。
コメントを読んでそう思いました。

トゥッカーノさんからのコメント(2019/09/12 09:39) ゴールド会員

今は90代の人にも、さまざまな治療を提案されるのですね。

私は、数年前、父が80代後半の時、不整脈で入院し、
万が一の時、ペースメーカーをどうしますか?と、
聞かれ、思わず「もう勘弁してください」と、こたえてしまいました。
平均寿命を越え、認知症があるのに、
500万円でペースメーカーって、どんな判断しているのか?と。
ただでさえ、異常な言動に振り回されていて、
いつまで生きるつもりなのか?と日々感じていた時です。
たとえ、500万円で手術したとしても、
年齢的には、いつ他界してもおかしくない年齢です。
医師としては、選択肢があるならば、
説明しないといけないのかもしれないけれどさぁ。

最近、90代半ばの人がペースメーカー入れたと聞いたので、
珍しい事でもなくなっているのかもしれません。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。