介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > jimuin7035さんの日記

jimuin7035さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年09月10日 2度目の救急車搬送。

投稿者:jimuin7035 ゴールド会員

16:45に、お袋から、「お父さん、また、救急車で運ばれたから。」と連絡があったので、急いで、職場から自宅に戻り、取るもののとりあえず、車で病院へ。
ただ、病院に着いても、両親がどこにおるか、さっぱり、判らない。
お袋の携帯に電話しても出ないから、最後の手段として、救急外来の受付で事情を話したら、そこの待合室で待っていてくださいとの事。
待つ事、10分程で、そこの診療室に入ったら、割かし、元気な親父がベッドにいて、お袋が、少し、疲れた感じでいた。
やはり、夏バテの症状があったようで、点滴 2本、打ったとの事。
今日は、午後からデイケアのスタッフさんが見えたそうで、親父が救急車で搬送されるまで、家にいてくれたので、お袋的には、かなり、助かったと安堵していた。
18:50に病院を後にして、どうにか、家に着いたが、ここから、親父をベッドに運ぶまでが一苦労・・・。 いくら、元気になったとはいえ、歩行は、相変わらず、ぎこちないんだから。
隣の叔父さんの協力を得て、どうにか、ベッドまでついた時はホッとした。
ただ、緊急な事だったので、とてもじゃないが、晩御飯の用意までは出来ず、それぞれが、パン食で終わるという、侘しい食事になってしまったが、これも仕方ないでしょう。
それにしても、厳しい残暑が続く中、親父だけでなく、お袋や私も、かなり、バテ気味。
お袋には、近いうちに、点滴を受けに行って欲しいものだが・・・。 そうしないと、ぶっ倒れてしまう可能性は高いかも・・・。

2019年09月10日 20:53

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。