介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > ぐみ7878さんの日記

ぐみ7878さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年08月14日 このサイトの方々に感謝

投稿者:ぐみ7878 ゴールド会員

今日も解答やコメントをいただいた。
ふと、このサイトに出会わなかったら、私どうなってたんだろと考えたら、おそろしいです。
母も死んでたかもしれないです。
恥ずかしながらたくさんこの一年で質問してきました。
いつも色々と私の相談に乗っていただいた、このサイトの皆さんに感謝しています。
ありがとうございます


追記、こちらの日記にも今の質問の回答いただいています。なのにいまは返事が遅くなったり、できないです。すいませんm(._.)m


2019年08月14日 00:54

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

ぐみ7878さんからの返信(2019/08/17 07:57) ゴールド会員

カラミンサさん、コメントありがとうございます。カラミンサさんも相続の事で色々とお悩みがあるみたいですね。
私も子供には迷惑をかけたくないので私の代まででなるべく子に負担を掛けないように、できることはしたいと思います。私も延命治療の事など母の事などで考えたことがあります。自分の意思が元気なうちに遺言書でも残しておくようにしたいとおもいます。
日本尊厳死協会もあります^^;

弁護士さんには別件で母がリフォーム詐欺にあっていたのが分かり 一度無料相談を使ってます。 損害賠償金もそんな取り戻せずか微妙で、弁護士費用がかかりそうで 諦めました。。できれば、土地の問題は弁護士を使わずにいけばいいと思っています。

ぐみ7878さんからの返信(2019/08/17 07:32) ゴールド会員

まいごさん、返事が遅くなってしまいましたが、日記コメントもありがとうございます。
まいごさんも色々大変みたいですね( ;´Д`)
持分放棄の事ですが 登記代もいくらかかるのか、果たして親戚が協力してくれるのか、その時しか分からないですね。ほかの方が言われるように最後の一人は放棄はできない…負の財産は放棄したもん勝ちって思いますよ。
とりあえず、子供の夏休み明けてから役所の相談にいきます。
続報も日記に載せていきます。
まいごさんも何か分かる範囲であれば コメントなど頂きたいです。m(_ _)m

ぐみ7878さんからの返信(2019/08/14 22:38) ゴールド会員

セイコサン!
驚きました。こんなことまでなかなか調べきれなかったです。すいません、たくさん調べて貰ったですよね。誠にありがとうございます。
何ということでしょ。
私が相続してしまうと私の息子は最後の一人になってしまう恐れがあります。単独所有怖いです。
おそらく叔父叔母の子供達は親の借金もあり売れそうのない土地の相続はしないと予想されます。

持分放棄で持分移転登記を共有名義者に協力してもらわないといけないのですね。訟訴…
固定資産税増えるって、なんか逆恨みされそうです…しかし息子が大事で迷惑かけたくありません。
相続の時に持分放棄するか、残したい守りたい財産だけを私名義にかえる方向で相続放棄でどうなのか、他に方法はないのかを無料相談にいきます。できれば叔父叔母にもあまり悪い方にはならないようにしたいですが…難しいかもですね。

seiko2000さんからのコメント(2019/08/14 22:11) ゴールド会員

ぐみさん こんばんは

先ほどのQ&Aの方のコメントの続きです。
共有持分の放棄は単独行為なので、放棄する人の意思表示にのみによって持分放棄の効果が生じますが、持分放棄による共有持分移転登記は、放棄する人と他の共有者との共同申請によることとされており、他の共有者の協力が必要になります。
では、登記権利者が協力しない場合はどうすればよいのか、について調べてみました。

その場合は,登記引取請求訴訟を提起することになります。     

登記引取請求に関する東京地方裁判所平成28年12月16日判決
「原告が被告に対し、原告持分を放棄する旨の意思表示をすることにより、原告持分は、他の共有者である被告に帰属することになる。
 しかし、不動産登記記録には、原告から被告への本件原告持分の移転が反映されておらず、現在の実体的権利関係に符合していないのであるから、原告は、被告に対し、不動産登記記録に公示された権利関係を現在の実体的権利関係に符合させるべく、被告に対して本件原告持分の全部移転登記手続を求める登記請求権を有するものと解するのが相当である。
したがって、原告は、被告に対し、上記登記請求権に基づき、共有持分放棄を原因とする原告から被告への原告持分全部移転登記手続を求めることができる。」
→共有持分放棄の訴訟は簡単な訴訟で、判決を得れば持分移転登記をすることができます。

以上のように、共有持分の放棄の登記はできますが、他の共有者が全員放棄してしまって最終的に単独所有となった場合、最後の単独所有者は所有権放棄の登記はできません。
このため、放棄したければ、最後の単独所有者にならないよう、早めに放棄する必要があります。早い者勝ちということです。

ぐみさんが全部相続した後に、共有地の持分だけ放棄することはできますが、それ以前に他の共有者全員が持分放棄をしてしまって、ぐみさんの単独所有となってしまうと所有権の放棄はできなくなるので、注意が必要です。

参考ブログ
・共有持分の放棄のやり方は?登記を拒否されたら訴訟をすればOK?
・早い者勝ちの土地共有持分放棄ー植田法律事務所HP

まいごさんからのコメント(2019/08/14 12:57) ゴールド会員

ぐみ7878さん、こんにちは

共有の土地は厄介ですよね、私もここ数年、何度か手続きをして来ました・・。

持分放棄は単独で出来る件ですが・・承諾は不要でも、放棄の後に登記の移動が必要かと思うのですが、これが受け取る相手も手続きをしてくれないと進まないのかなと理解していたのですが・・。
法的手段を使っての交渉もあると思いますが費用的に・・

一方的に出来るなら、放棄合戦になりそうな気もしますし・・
こちらが放棄して、他の共有者が登記手続きを拒否して、その土地の所有者がいない状態になる事も考えにくいかと思っています。

もし相手の同意が不要で手続き可能なら私も宣言したいので、落ち着かれて、もしも時間がありましたら続報を教えて頂けたら嬉しいです
(お時間あったら、で・・)

市役所の無料相談は30分ですが、私は現状と聞きたい事をメモ書きして持参して、何度か答えを頂きました。
私もまずは無料相談で方向を探されても良いのではと思います。

暑いので無理をされないでくださいね

カラミンサさんからのコメント(2019/08/14 10:56) プラチナ会員

再度お邪魔します。
今、seiko2000さんへの返信を拝見し、お母様の持ち分の放棄をお考えなのですね、失礼しました。


カラミンサさんからのコメント(2019/08/14 10:45) プラチナ会員

ぐみ7878さん、初めまして。

問題をいっぱい抱えてしまう運命なのでしょうか。
土地問題、私は将来も含め3か所抱えています。
全て、相続がらみで対峙する相手は別人になりますが、事情があり今は解決できないものばかり、私が生きているうちに解決出来れば良いのだけど。

なので物を所有したりはもう嫌。
なるべく子供に問題を先送りしたり、悩ませたりもさせたくないと思ってお墓もいらないので散骨、延命処置希望せずの書面を作っています(自分で書いたものですが・・・)

私は息子が6月に事故を起こし、弁護士会の無料相談やネットの有料相談をしました(ネット有料はお勧めしません、全く有益ではなく高額)
無料相談の30分は本当にあっという間なので状況、訊きたいことを箇条書きにして持参し先にそれをお見せすると弁護士さんは頭脳明晰なので大意をくみ取ってもらえます。


私の住む市の弁護士会無料相談は相談後そのまま弁護士に依頼したい場合は弁護士会を通じての流れでした。
個人の事務所の無料相談ではないので決して勧誘などはありません、皆さんあくまでちょっと訊いてみたい人が対象なので。
さて、実際に弁護士に頼むとなるとまず着手金や保証金、成功報酬とかなり高額のお金が動いてきます。

価値のない土地の分割などでしたら、もしかすると弁護士を頼まずとももっと簡単な方法が有るかもしれません。
それも含め訊いて見られたらいかがでしょう。

〇〇市や○○県弁護士会無料相談で検索して下さい。
よく耳にする『法テラス』については利用経験がなくわかりません。


ぐみ7878さんからの返信(2019/08/14 09:57) ゴールド会員

seiko2000 さん 質問の回答ありがとうございました。 ほっとしました。
一年前も seiko2000 さんからは助けられましたね。色々と調べていただいたんだと思いますm(._.)m
持分移転は法では可能みたいですね。前に持分放棄を勧められたことがあり質問補足に載せました。でもはっきりこれは大丈夫と私が判断ができずにいます。
〔1.持分放棄は単独でできますので、他の兄弟の承諾はいりませんよ。「共有持分は放棄する」と宣言すればいいだけです。
持分はほかの兄弟に、現在の持ち分比率で按分されます。
本当なら、代償金を貰ってもいい話ですが、それを言い出すと長男さんがごねて時間がかかるでしょうね。
2.母上の病状次第ですが、もし認知症がひどければ保佐人か成年後見人の選任申し立てを家庭裁判所にして、そのうえで動く必要があります。財産を失う行為なので、下手をすると認められない可能性があります。
3.母上が亡くなった後であれば、あなたが持分放棄すればいいわけです。
誰の承諾もいりませんし、母上の他の財産は相続できます。

と前に回答がきたのが気になります。最後まで話は聴けなかったです。
1番良い方法をまずこれから 役所の相談所なり行き 聞いてこないといけないですね。
前に進まないと(・・;)少しずつやります。
誠にありがとうございました。

seiko2000さんからのコメント(2019/08/14 07:11) ゴールド会員

ぐみさん おはようございます

Q&Aの方にもコメントしましたが、今は、お子さんとお母様のことで手一杯なので、共有土地に関しては一応の解決方法だけ法律相談でお聞きになって、手続についてはもう少し後でもいいように思います。
全てを一度にやろうとすると、倒れてしまいかねません。
優先順位をつけて、少しずつ進めていきましょう。

疑問に思ったことは、どんどん質問するといいと思います。
このサイトには、介護の専門家さん以外にも、それぞれの道のプロフェッショナルの会員さんがいらっしゃるので、ありがたいですね。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。