介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > こでぶさんの日記

こでぶさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年06月12日 日曜日の出来事

投稿者:こでぶ ゴールド会員

9日に実家で家族会議。住職さんから紹介された石材店に全員で赴く。お墓、気に入ったのがあったので、正式な契約は後日だが、依頼して来る。住職さんとは、長いお付き合いの石材店だそうで、そこの社長さんが応対してくれ、
後でお寺に行き、お墓を立てる場所の確認に言ってくれるとの事だった。
先材店の社長さん、住職さんお会いした時に(お墓の場所を聞くだろうから)
母と私達の事情を少し、住職さんがお話しくだされば助かるなぁと勝手に思った
その後に外食する
母が奢ると譲らないので、ご馳走になる
が、時々、生活費が無い!と姉に連絡して来たり、ケアマネさんに相談しているようなので(母の記憶には無い)
生活費がどうなっているのか、とても心配


母名義の通帳は
『ゆうちょ』のみだが、義姉が預かっているらしい。
(母は預けた覚えが無いんだけど…と言ってはいたが、預けたか、もしくは、どこかにしまい忘れたと予想される)
その他の通帳は父名義のものだったけど、それも預けているはず
9日は日曜日なので、郵便局は休み
母とこでぶ姉妹の3人で、ATMに確認しに行くも、その時使用したカードでは使えなかった。
暗証番号自体は姉も、間違いないと言ってた為、多分、このカードを母が紛失したと思って、紛失届け出しているんだなぁと結論付けて一旦、実家に戻る

(こでぶ夫婦が姉夫婦より先に、
実家に到着した時に
テーブルの上に郵便局からの不在通知があって、読むと、届けものは、何かは、はっきりしないが簡易との事で、
これは『金融関係のカード』の事かもしれないねと予め姉夫婦にも伝えてた)

郵便局から帰宅して、再配達のお願いの電話をしたが、物が届く前に、姉夫婦もこでぶ夫婦も帰宅せねばらならず、母が再配達された後にカードをちゃんと保管できるか心配だねと話す

11日に法名のつけ直しの代金30万円、母が今日は用意出来ないと思ったので、こでぶ姉妹で
15万円づつ立て替える事にした。
兄夫婦は、母に現金をある程度の金額を手渡して、無くなる頃に、会いに来て、又、手渡ししているのか?
連絡つかないから、ほんとうに困った
そして、母に、さよならする時ふらついたので、びっくりする。大丈夫かなぁ?

2019年06月12日 19:29

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。