介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > satiookareさんの日記

satiookareさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年06月05日 認知が進む夫と干渉してくる義姉

投稿者:satiookare ゴールド会員

今日は、訪看さん来訪曜日、いつも昼以降に来てくれる。
夫は、もう、朝8時からそわそわしてる。落ち着かない。
まあ、そんな夫を朝から見たくなくて、私は、昼まで、別部屋にいる生活になったのだが…

昨日、別居してる義姉が権利を持つ、土地の名義の事で、弁護士さんに会い、現実を突きつけられた。
名義を変更したく相談に行ったのだが、権利を持つ義姉の方が当然の権利なため、こちらは
そこに住まわせてもらってる立場なので、文句を言えることではないといわれた。
同伴してくれた息子も、弁護士さんの言葉に納得したのか、私の考えが浅はかなのだという。
弁護士さんは、息子に、お母さんは過去に色々あったのでしょうから、これからは息子さんが
叔母さんとやり取りしたほうがいい。と話してはくれたが…。

そういうものなのだと、痛感はしたけど、だからと言って、これから、夫の介護が少しづつ進んでいく中で、私にとって、それだけでもかなりの重圧なのに、そこに私にとっての天敵である義姉が手出し口出ししてくることは、火に油を注ぐようなもの。
今の私には、自立できる仕事もない、お金もない、夫の年金が無いと生きていけない。
夫を介護しようと決めたのも、今まで働いてくれてた感謝と息子達に出会わせてくれた感謝からだ。
こんな立場の私に、私が安心できる環境が来るのかと、改めて思う。

私にとって、義姉は天敵以外の何物でもない。とても和解なんて無理。
義姉の勝手な介入が義姉がどこまで私たち家族に求めてるのかが恐怖だ。
下手すると息子にも被害が及ぶ。もう、何をどうしたらいいのかわからなくなった。

2019年06月05日 09:36

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。