介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護日記 > はづみさんの日記

はづみさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年05月30日 市立病院へ入院したがしかし

投稿者:はづみ レギュラー会員

ご無沙汰しています。
今まであったことをそのまま書きます。

5月10日、腹痛を訴えた父が救急搬送されました。
元々透析に通っていた病院では手に負えず市立病院にまわされ、誤嚥性肺炎との診断で入院になったのですが、酷い認知症状があるため一般病棟には入院出来ず、病院からの希望で(と言っても強制)母が昼夜付き添いの元で精神科病棟へ入院になりました。しかも母の簡易ベッドも用意されずです。
このままでは母が一睡もできず、まともな食事も取れないので精神科の閉鎖病棟の保護室に入院となったのですが、恐らく刑務所の独房より酷い便器以外に何も無い部屋で。
何か液体をこぼした跡のようなものが残る何ともホラーチックな床にベッドではなくマットを敷いてある、床から天井まで太い鉄格子がついていて、窓にも近寄れない部屋。
初めて見た精神科病棟の保護室は、とても残酷な空間に映りました。
ここに入院になったまではよかったのですが、1週間と少したった頃、転移性の末期ガンと診断され、これ以上治療は不可能との事で、その三日後に退院になりますと一方的に言われました。
保護室でなければ入院さえ難しい人間が、どうやって一般家庭で生活するのでしょうか。
今までも、施設じゃないと在宅レベルではないからと母に話し、やっと今回の入院で諦めてくれたのに、受け入れ先の施設も病院も見つからないまま、追い出される形になりました。
しかも、迎えに行った日、先生のお話を聞いている間に父が病室で便失禁をしてしまい、職員さんが対応してくださると思いきや、「僕がやるんですか?いつも家では誰がやってるんですか?」と、まるで仕事もやる気無し。

父が今までお世話になっていた透析病院の方でも、ケアマネさんでも、施設や病院を一生懸命探してくれているのですが、これだけの疾患を抱えている父です、退院して6日経ってもまだ見つからず。見当識障害が酷く、家に居ても1秒も経たないうちに帰りたいの連発、凄い力で母を突き飛ばして外へ出てしまうため、わたしも仕事を休んだり早退しなくてはとても対応出来ず、家族が崩壊に向かっています。

どうしたらいいのでしょう・・・もう疲れました・・・

2019年05月30日 12:58

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。