介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > わかめご飯さんの日記

わかめご飯さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年05月15日 高齢者に適度な運動量は?

投稿者:わかめご飯 レギュラー会員

父が認知症になってから、休日の日課となった父との散歩。

最近の散歩は、距離にして約800メートル、時間にして30〜40分ほど歩くのですが、今さらながら、81歳の父に適度とされる散歩の距離や時間が気になり、調べてみました。

すると、『健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)』というガイドラインを発見。

健康寿命の延伸に繋がる運動量の目安として、1日40分という基準があることを知りました。
<+10で目指そう!>
18〜64歳:1日60分
65歳以上:1日40分
〜厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトより

年齢だけで単純に判断できませんし、人それぞれに適度な運動量は異なると思いますが、それでも、ガイドラインから大きく外れていなかったことが分かり、ホッとしました。

『過ぎたるは猶及ばざるが如し』

という諺の通り、何ごともほどほどが肝心で、やり過ぎることはやり足りないことと同じように良いこととは言えない。
良いと言われることでも、やり過ぎは害になることもある・・・

いつまでも元気でいて欲しいという願いから、ついつい父を頑張らせてしまうこともありますが、ほどほどが肝心。気をつけなければ。

また、ほどほどが肝心なのは私たち介護者にしても同じこと。

頑張らなければならないとき、
頑張らなければならないことが多いのも現実ですが、『ほどほど』を忘れず、ときには息抜きもしながら、これからもほどほどに頑張りたいと思います。

2019年05月15日 21:34

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。