介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > Kママさんの日記

Kママさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年05月14日 そんな母が悲しい。

投稿者:Kママ プラチナ会員

介護員さんが母の部屋へ来られて私と話をしてると、その後ろから入居者さんが入ってきました。
介護員さんは気が付かずにいます。
そのまま母の部屋のトイレに入ろうとしたところで介護員さんも気が付き、
急いでその方を部屋から連れて行こうとしたので、
「いいですよ。トイレ使ってください。」と言ったのですがそのまま出て行かれました。

すると母が「何さ、あの人。勝手に部屋に入ってきて。嫌だね」と、
声は小さかったのですがそう言ったのです。
私はその声が聞こえたのではないかと思い、慌てて母の手を取って諭すように
「お母さん、そんな事言わないの。お母さんだってそんな風に言われたら嫌でしょ?
駄目だよ。そんな事言っちゃ」と言うと
「いいんだ。母さん、あの人嫌いなんだ。」といかにも嫌そうな顔をします。
私が母のところへ来たら「良かったね。娘さんが来てくれて。」と手を叩いて喜んでくださるようないい方です。
母が毎日のように誰か来るかと待ってるのを知ってるからなのだと思います。
いつも母と同じテーブルにいるので仲良くしていただいてるのかと思っていたのに
そんな母の言動に私もびっくり。

あんなこと言わなきゃいいのに。
どなたにも優しくしてあげるといいのに。
以前は人には人一倍気遣いを見せる母でした。
人とのお付き合いを大事にしてました。
認知症になってしまった今、思った事をすぐに口にするようになり、
そんな風に人を思いやることも出来なくなってる母を見ると
私の知ってる母ではなくなっていくことが悲しいです。


2019年05月14日 20:44

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

Kママさんからの返信(2019/05/16 23:44) プラチナ会員

もも0047さん、こんばんは。
お返事が遅くなってごめんなさいね。
コメント有難うございました。

小さい時からお祖母様と一緒に暮らしてたんですね。
もも0047さんを子守りしながら昼食も作ってくれて、
小さな時から育ててくださって感謝しても仕切れないですね。

お祖母様は99歳になられるとか。
白寿のお祝いですね。
素晴らしいです!
デイサービスではぬり絵を上手に描かれてるとのこと。
私の母もぬり絵が大好きで毎日施設で日課にしてますよ。
色を考えるのが楽しいようです。

どうぞお祖母様をこれからも見守って差し上げてくださいね。
こちらこそこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

もも0047さんからのコメント(2019/05/16 19:28) ゴールド会員

はじめまして、kママさん。ジャストフィットさんのところでおみかかけして、コメントしています。私は母と一緒に6月で99才になる祖母の面倒をみています。ばばはしっかりしていますがデーでは塗り絵が上手です。ばばは母にはなにも言えないので私になんでもいいます。
今日も両親がいなくてばばと食事しました。作ったのは母ですが
ちょっと違うところで用事してるといらんことしいのばばがいました。怒りたおしました。そしたらやめました。

こんなばばですが小さい時に子守をしてくれて学校へいったら昼食をつくってくれて優しいばばです。今はにょうもれがくさいです。
今後ともよろしくお願いしますね。

Kママさんからの返信(2019/05/15 23:33) プラチナ会員

カラミンサさん、こんばんは。
私へのコメントくださるのにカラミンサさんを悩ませてしまってごめんなさいね。
でも、カラミンサさんの心のこもったコメントをいただいて嬉しかったです。
有難うございます。

カラミンサさん、私も納得いかないと批判めいたことを日記に書いてますし、
直接本人に言う勇気が無いからここで愚痴ってる心の狭い人間ですよ。
そう思うと母に偉そうな事言えなかった(笑)

>もしかしたら、Kママ母さんは娘達が人として成長しているのかテストをしているのかも(楽観的過ぎですね)

そういう考え方もあるのかと感心しきりです。
だったらいいのですけどね~

>でも、Kママ母さんは今度その間違って入ってきたた入居者さんに会った時はすっかり嫌な事は忘れていて「私、あの人と気が合うのよ」何て言われる気がします。

これは有り得ますね(笑)
嫌だと心のどこかで思いつつも、普通にお話していそうな気もします。
「私、あの人と気が合うのよ」とそのうち言い出さないとも限りませんよね。
そこが認知症特有の私達には計り知れないところなのかも。
ただただ思うのはもめごとを起こさずに仲良くしてほしい。
あ、やっぱり私、娘じゃなく母親の目線で見ていますね(笑)

カラミンサさんからのコメント(2019/05/15 22:40) プラチナ会員

Kママさん、こんばんは。
昨日、日記を拝見していましたが、何とコメントして良いかで今夜になってしまいました。

と言うのも、私のは母は昔からよく人の悪口を言う人でした。
それも、他人には良い人に思われたいのか言う相手は私だけ。
心の狭い人なのだと我が母ながら嫌悪感でいっぱいでした。

母のようになりたくないと思っていたのに、時々、いえ結構、批判めいたことを言ったり、考えたりする私で、反省の日々です。

Kママ母さんは子供の心の教育にも気を配られたのでしょう。
そして子供はは親の間違った言動を正しく諭してくれる娘に育ちました。

もしかしたら、Kママ母さんは娘達が人として成長しているのかテストをしているのかも(楽観的過ぎですね)

でも、Kママ母さんは今度その間違って入ってきたた入居者さんに会った時はすっかり嫌な事は忘れていて「私、あの人と気が合うのよ」何て言われる気がします。

Kママさんからの返信(2019/05/15 13:05) プラチナ会員

みまさん、こんにちは。

そう最初に書いたつもりが消えてました。
みまさん、ごめんね~

Kママさんからの返信(2019/05/15 11:04) プラチナ会員

認知症になってからの母は自分の事を棚に上げて、
目にした人の事をバカにするようなことが見受けられます。
その度にたしなめるのですが、小さい頃に母から
「人の事を悪く言ったらだめだよ。自分が言われて嫌な事は人にもしない事。」
母にはそう躾けられて来たのに病のせいとわかっていても
人間の心の中にある嫌な部分がこうして現れてくるのは見たくないですね。
理性がなくなるのはまわりの人も嫌な思いにさせる。
そんな風になりたくないと思うけど、認知症がゆえの仕業で仕方のない事なのですね。

こうして「分かります」に投票してくださってる方が多いのは
私だけではなく、介護されてる皆さんも同じく感じてらっしゃるのかと理解しました。
切ないですね。。。
みまさん、いつも共感してくださって有難うございます。

みまさんからのコメント(2019/05/15 03:05) プラチナ会員

Kママさん、またまたこんな時間に失礼します。

皆さんの言われている通り病のせいで、本来のお母様だったら理性で抑えられて、そんな言葉を口にすることは無かったのでしょうね。

でも、病のせいで本心がむき出しになってしまっている今、お母様がそんな風に考えているのを悲しく思うお気持ちわかりますよ。母も同じで、私もそんな母は見たくありません。本当に認知症が憎いですね。

Kママさんからの返信(2019/05/15 00:22) プラチナ会員

うさぎ3さん、こんばんは。
普段は無いと信じたいのですが、嫌な顔をあらわにしてるような気がして
そんなことが無い事を祈っています。

>お母様は子供のような気持ちに進んでる過程、Kママさんはお母様が通られた大人の頂上向かってる最中ですもんそう思われるのもわかりますよ。

不思議なものですよね。
母の背中を見て育ち、その背中をずっと追い続けてきたのに
今は逆転してしまうなんて。
母は理性の利かない幼子になってしまいました。
でも、いつかまた現在母の通ってる道を私もたどるのかもしれませんね。
悲しいけれど生きるとはそう言う事なのでしょう。

うさぎ3さん、いつも有難うございます。

Kママさんからの返信(2019/05/15 00:09) プラチナ会員

さやりっちさん、こんばんは。
わかってるはずなのに、あんな母を見ると悲しくなってしまって・・・

段々子供に返って行きますね。
目の前のことしか見られなくて。

>人間って、そんなきれいではないのかもしれないですよ。
>みにくいものを、たくさんもっているのかもしれませんよ。
> 私達は、それを理性で推しはかっっているだけで。

そうですよね。
認知症だからこそ理性もなくなり、ストレートに物事を受け止めて
感じたままを口にする。
私達にはまだ理性があるから抑えてるだけで、
本当の心の中はもっとドロドロしたものを抱えた汚い部分があるかも。
母は素に戻って本来の人間の姿に戻っただけかもしれない。

さやりっちさんを含め、皆さん大人だなぁとコメントを読みながら感心しています。
私ももう一度ここで学ばせていただいてます。有難うございます。

Kママさんからの返信(2019/05/14 23:57) プラチナ会員

蘭康さん、こんばんは。
コメント有難うございます。

「母が言ってるんじゃないのよ」と言われてる蘭康さんのお知り合いの方。
確かにそうなのだと思います。
認知症という病が言わせてるだけですね。
母の持ってる本質的なものは何も変わってはいないはずだと思うようにしますね。

蘭康さんのお母様も穏やかさを取り戻してるのは
それも本来のお母様の姿なのだと思いますよ。

蘭康さん、教えてくださって有難うございます。

うさぎ3さんからのコメント(2019/05/14 23:32) ダイヤモンド会員

Kママさん、こんばんは。

Kママさんも今日初めて耳にされたわけですし、お母様は想像するには
Kママさんという強い見方(お助け)がいて初めて言葉にされたんだと
思います。普段はないと思います。
病気もあるでしょうけど自室のトイレは自分のトイレですもん。
間違って入ろうとなさった方もたまたまですから。
お母様は子供のような気持ちに進んでる過程、Kママさんはお母様が通られた大人の頂上向かってる最中ですもんそう思われるのもわかりますよ。

さやりっちさんからのコメント(2019/05/14 23:24) ゴールド会員

Kママさん、こんばんは。

そう悲しまないでくださいな。
お母様は、Kママさんとの時間を大切にしたかったんですよ。
また、気持ちが幼くなって、目の前の喜びが、何よりも大きいんですよ。

人間って、そんなきれいではないのかもしれないですよ。
みにくいものを、たくさんもっているのかもしれませんよ。
私達は、それを理性で推しはかっっているだけで。

Kママさんからの返信(2019/05/14 22:10) プラチナ会員

kanaさん、こんばんは。
認知症になり、感情を抑えることが出来なくなった母。
病院で待ってる時も「遅いね。まだかい!」と言うのでハラハラします。
同じ入居者さんのことも、「あの人変なんだわ」というけれど、
自分だって変なのにそれをわかってないから困りますよね。

子供が思った事をすぐに口にするような感じで、
認知症になってそんな母を見てるから今に始まったことではないけれど
やはりそんな母を見るのは嫌なものですね。
見て見ぬ振りができるといいんですけどね。。。

kanaさん、いつも有難うございます。


kanaさんからのコメント(2019/05/14 21:24) レギュラー会員

Kママさん こんばんわ

そうですね、お母様のそういうところ見たくないでしょうね。
でも、それも含めて全部受け入れるしかないのでしょうか?

明日になったら、また仲良くなっておられるかもしれませんよ。

嫌な面はなるべくさらっと流すようにしましょう。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。