介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > yumeママさんさんの日記

yumeママさんさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年04月16日 命の時間

投稿者:yumeママさん プラチナ会員

この春も来るかの2月、友人のお父様が脳出血で僅か1時間で旅立たれ
泣き崩れる友人を慰めるすべもなく一緒に涙したあの時間。


繰り返される光景……いつも切ないな〜。



それでも、その病院の先生達は時間を作るべく必死に戦い、お父様も戦い抜いたに違いない


こちらでも、まだ若くして倒れたお母様に泣き崩れる娘さん。
家族到着までの間、必死に多種のdoctor達が全力で、救急隊員も帰らず心臓マッサージしながら声がけする、看護師さん達も、娘さん来るよ〜頑張って!
やっと帰って来てくれたお母様、頑張ったね〜娘さんに会えるね〜と声かけて。

たとへ、ドクターが揉んでいる手動のアンビュー呼吸が命を繋いでいたとしても、大事なんです、まだ暖かく、そこにまだ命が繋がっているお別れの時間があるうちに、残された家族は伝えたい言葉があるはずなんです。。

大切な命の時間……慈しみ、抱きしめて、言葉がけをしていきたいと友人を抱きしめながら思い返した1日でした。
我日常、彼非日常、貼り付けてあるその言葉、部長先生は初任務の先生にいつも伝えます。


2019年04月16日 07:55

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

yumeママさんさんからの返信(2019/04/16 18:24) プラチナ会員

はんさむかあさん こんばんは!

かあさんのプライオリティ!阪神タイガース!
いか〜ん、この所血圧上がる試合多かった気がする

イヤイヤこれから巻き返すのがタイガース
かあさんの熱い日常が垣間見えて、チョット笑えちゃうわ

いいんです明るいかあさんがいてくれて、それで家族が盛り上がる!
神さん、阪神勝利、頼んまっせ〜って関西弁あってますか?私

yumeママさんさんからの返信(2019/04/16 18:18) プラチナ会員

さやりっちさん こんにちは

はじめまして、コメントありがとうございました。
お父様五日間頑張って下さったのですね、頑張られましたね。
ご家族全員が立会いが出来るケースは、どうなんでしょうね〜なかなかないかな〜、なので会って頂きたい方は…と時間をかけてとなる方も多くいらっしゃいます。
間に合わなかった方は寂しかった事ですし、他のご家族も何とか全員でと思いますもんね。

私の母親の時もそうでした、心臓マッサージをされていましたが、父親が弟が到着するまでとお願いしていましたが、私が止めました。
折角楽になったのに、このままでと思ったからです。

今でも何ともし難いケースはあります、生きている今を慈しみ、怒れてしまっても、寝る前には笑顔で終わろうと思っています。

コメントありがとうございました。


yumeママさんさんからの返信(2019/04/16 18:02) プラチナ会員

良心回路さん こんにちは

我日常、彼非日常、医療現場ではよく使われる言葉です。

みんな心の何処かに留めていると思います。
足底痛い痛い病は、ムック本のマッサージでなんかいい感じです。

整形外科もこちらにもあるみたいです。
看護師さんとのお昼ご飯時に聞いたら、まぁピーチクパーチク凄い勢いで、教えてくれる事、例の坊や先生にも知らないの〜と突っ込みが入って笑えました。

お陰様でいい方向に向かってます、ありがとうございます!これからも今しばらく働けそうです 私


yumeママさんさんからの返信(2019/04/16 17:53) プラチナ会員

リトさん こんにちは

まだまだ涙がでちゃう時ですよね、日記を見て思い出してしまって哀しくなったらごめんなさい。

でもね、頑張ったんですご主人もリトさんも、頑張らずに旅立てる人は一人もいなく、みんな頑張る抜いて生き抜いて、今ははぁ〜俺頑張ったよと
お空で目一杯伸びして過ごされている事でしょう。

あの温もりが感じられないのは寂しいけれど、笑顔はリトさんの心に帰って来ましたよね?
不思議なもので、思い出すのは笑顔です、だってお空で笑っていてくれるんですから。

そのお時間を何とか作ってあげたくて、ありがとうと言いたい時間を何とかしたくて、これからも頑張ります。

yumeママさんさんからの返信(2019/04/16 17:44) プラチナ会員

Lavender さん こんにちは

今は ズバリお母様の自由時間です〜私はこう生きたいのよ〜
をお手伝いしている私達というこよですね〜きっと。

うちのお父ちゃんなんて、自由すぎる時間です
静かになって行く親を見守るのは辛いけど、触れればあったかい、それだけで十分です。
命はなくなるから尊い、分かっていても切ないですよね〜。
いっぱい、いっぱい抱きしめて、話しかけて、お母様の時間満喫して下さいね。


はんさむかあさんさんからのコメント(2019/04/16 15:25) ダイヤモンド会員

折角もらった命の時間・・・
そう思って大事にしたいのですが。

つい、ヘタレ・タイガースの勝ち試合に興奮してテレビにかじりついてる
ヒョウ柄頭のオバハンでした・・・。

いや、プライオリティつけて、頑張るゾ!!

さやりっちさんからのコメント(2019/04/16 11:06) ダイヤモンド会員

こんにちは。そしてはじめまして。

49年前、49歳だった父が、脳出血でたおれ、5日間、昏睡状態のまま、静かに息を引き取りました。夜の遅い時間でした。心臓が丈夫だからまだもつだろうというので、姉と弟が家の整理を兼ねて帰宅した晩のことでした。結局、父をみとったのは母と私だけ。逆に、何だったんだろうなあ、何で、家族全員のいる時じゃなかったんだろう、と思いました。

現代の医学なら父は助かったかもしれないと、母と話したことがありますが、やはりそうとは限らないですね。

良心回路さんからのコメント(2019/04/16 09:18) プラチナ会員

yumeママさんおはようございます。

このお話の根幹の部分でないコメントで恐縮なのですが、
最後の一行、「我日常 彼非日常」心にとまる言葉でした。

このような厳しいお仕事で、みなさんに分け隔てなく
誠意を尽くされるyumeママさんに「慈眼視衆生」の言葉を
贈ります。

リトさんからのコメント(2019/04/16 08:51) ダイヤモンド会員

yume ママさん おはようございます

命の時間

まだ温かくそこに命が繋がっている。
そうなんですよね。
弱々しい呼吸であっても息をしていてくれる。
額に触ればまた温かい感触、まつ毛に触れて反応はたとえ無くても。

Lavenderさんからのコメント(2019/04/16 08:38) プラチナ会員

おはようございます。

私も特養でその時間をたくさん見てきました。

「俺が来たからお袋死んじまった」と号泣していた 遠方から来られたご家族に「俺が来たから、ではなく、息子さんが来るまで 頑張って待っていてくださったんですよ」と一緒に泣いたことを思い出しました。

思えば、今の私と母も「命の時間」なのかな・・・
母から長い猶予をもらった「命の時間」。
今はちょっと切なくて、苦しいけど、
もしかしたら、母からのご褒美なのかな・・・そう思いました。

ありがとうございました。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。