介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > Kママさんの日記

Kママさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年03月15日 ごめんね。

投稿者:Kママ ダイヤモンド会員

母「母さん、ひとりでいると、いつまでここにいるんだろうと考えるよ。
今93歳だから100歳になったら家に帰れるかな。」

私「そうだね。だから、100歳まで長生きしてね。」

その場しのぎの母とのやり取り。
いつもごまかしてしまうことに後ろめたさを感じつつ、
こう返事するしかないのだと自分自身に言い聞かせながら、
心の中で「ごめんね」と母に謝っています。

100歳になったら家に帰れると期待を持たせることはいけないのでしょうけれど
そう言わなければ母は益々不安に陥ってしまうでしょう。

今から100歳になるのを楽しみにしてる母。
7年後の母はどうしてるだろうかとふと考えてしまいました。

2019年03月15日 17:40

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

Kママさんからの返信(2019/03/16 18:11) ダイヤモンド会員

うさぎ3さん、こんばんは。
うさぎ3さんにも励ましていただいて、これで良かったのだとほっとしています。

お義父様、来年100歳を迎えられるとは、お義母様を亡くされて辛かったでしょうに
うさぎ3さん始め、まわりの皆さんに支えられて頑張られたのね。
こうしてここまで導いたうさぎ3さんのご苦労を思えば本当に大変だったと思います。

母には「お母さん100歳まで頑張ろうね。あと7年、(正確には6年と2カ月ですが)すぐだから。」
なんて簡単に言ってますが、90過ぎての1年1年はたやすい事ではないですよね。
ましてや認知症であることを思えば、100歳を迎えるのは凄い事。
その凄い100歳をお義父様は目の前にしてるのですから頑張られましたね。
母にも頑張って達成してもらいたいです。
それまで私も母に目標を持たせながら励ましていきますね。

いつも有難うございます。

うさぎ3さんからのコメント(2019/03/16 15:33) ダイヤモンド会員

Kママさん、こんにちは。

置かれてる状況は違えども義父がそのような年齢の時に
(連れ合いが亡くなってうつぽっいころのこと)
私たち周りは100歳まで頑張ろうよって話したもんです。
Kママさんがそう仰るのは生きる後押しにもなるようで
いいと思いますよ。
義父も義母のあとを追うかのように思ってましたが今年
七回忌になります。現実味をおびて来年は100歳ですよ。
お母様にも100歳まで頑張っていただけたらと思ってます。

Kママさんからの返信(2019/03/16 13:04) ダイヤモンド会員

Lavenderさん、こんにちは。

いつもコメント有難うございます。

>介護の世界には
「説得よりも 納得を」という言葉もあります。


介護のお仕事に携わられてるLavenderさんからのお言葉は深くて重みがあります。

いくら説得しても本人が納得しなくては意味がないですものね。
母がこうして自分で納得してくれたのだから私が悩む事はないのかもしれません。

100歳まで生きようとの思いが本当に母を元気にさせてくれるかも。
そう私も思う事にしますね。

お母様の動画を撮られてたとのお話をお聞きして、
私は母の動画をひとつも撮って無い事に気が付きました。
今度行った時に早速撮って来ようと思います。

Lavenderさんのお母様もこの一年の間に色々あって、
お元気に家事をされる姿を画像で見ながら複雑なお気持ちだと思います。
でも、こうしてお母様も、Lavenderさんのおそばにいられて幸せに感じられてるはず。

これから先も母達とのこうした穏やかな日々が続いてほしいものです。
母達の笑顔をいつまでも見ていたいですものね。


Lavenderさんからのコメント(2019/03/16 10:58) プラチナ会員

Kママさん こんにちは。

介護の世界には
「説得よりも 納得を」という言葉もあります。

ご本人が納得してくれているなら、
それは嘘にはなりませんよ。

最近、私は去年の今頃撮影した 家事をしている母の動画をよく観ます。
そのどれも、今はもうできません。
一年って早いな、と思うし、
来年の母と私はどうしているだろうか、とちょっとだけおセンチな気分です。
春ですね〜(・ω・`)

Kママさんからの返信(2019/03/16 00:03) ダイヤモンド会員

アラフィフ娘さん、こんばんは。
嬉しいお言葉をどうも有難うございます。

自宅で介護されてるアラフィフ娘さんに比べると
母が不穏になったとしてもその時だけですし、
日々接してるアラフィフ娘さんはどんなに大変かと思いますよ。

私も同居を経て、今は離れて暮らすので穏やかに母と接することが出来てるのかもしれません。

>優しい嘘は相手を思いやる気持ち。お母様は今も幸せだと感じていらっしゃるはずです。

そうだと良いのですが。
時々、「母さんは幸せだよ。嫌なことが何もなかった。」と言う言葉が本心ならば
私も安心出来ます。

アラフィフ娘さん、母達がただただ穏やかに過ごせることを目標に見守っていきましょうね。
それが私達に課せられたことなのかなと思っています。

まだまだ大変なことがあると思いますが一緒に頑張りましょう!

アラフィフ娘さんからのコメント(2019/03/15 22:58) ダイヤモンド会員

Kママさま

こんばんは。^^

Kママさまの日記を読ませていただき、いつもお母様への温かく深い愛情を感じていました。

優しい嘘は相手を思いやる気持ち。お母様は今も幸せだと感じていらっしゃるはずです。


私もKママさまのようでありたいと思っています。

どうか、お心を痛めないでくださいね。

Kママさんからの返信(2019/03/15 22:19) ダイヤモンド会員

kanaさん、こんばんは。
コメント有難うございます。

お母様、2月に入所されたばかりなんですね。
まだお母様もkanaさんも落ち着かない状況だと思います。

母達には正直に話すのではなくて、うやむやにする方がいいのかもしれませんよね。
不安を与えないように、オブラートに包んだ言い方の方が母達にとっては
幸せなのかもしれません。

お母様も母と同じ93歳なんですね。

>100歳になったとき、ここでKママさんと語り合いましょう

ほんとですね。
是非、そうしましょう!
それまで母達にはなんとしても頑張って長生きしてもらわなくては。

まだまだこれから先、何が待ち受けてるかわかりませんが、
kanaさん一緒に乗り越えていきましょうね。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

Kママさんからの返信(2019/03/15 22:01) ダイヤモンド会員

みまさん、こんばんは。

>「100歳になったら家に帰れるかな。」

母にそう言われた時、あまりにも母がいじらしくて母の思いを受け止める言い方をしてしまいました。

母が100歳まで生きられるかどうかもわからないのに母はそれを目標としている。
それが母にとって生きる糧となるなら応援したい。見守りたいとその時は思いました。
100歳まで生きてくれるかな。
生きてほしいな。
ただその思いだけです。

先の事は想像もつきませんが、母に寄り添い、見守り続けることが私達に出来ることですものね。

>お母様にとっては最適なお返事なのだと思いますよ。

みまさんにそう言っていただいて胸のつかえが下りました。
今はそう返事する事しか出来なくて・・・

みまさん、有難うございました。

Kママさんからの返信(2019/03/15 21:33) ダイヤモンド会員

さやりっちさん、こんばんは。

さやりっちさんのコメントを読みながら肩の力が抜けた気がしてますよ。
こうしてさやりっちさんに励まされて、これでいいのかなと思っています。
私達のするべきことは母を元気付ける事ですものね。
明るい気持ちで施設で過ごして貰いたい。
そうしたら苦し紛れの嘘をつくことしか出来なくて・・・

私がそう答えることで母に生きる力が湧くなら
それはそれで間違ってないのかなと・・・

>やれる限りのことをやって今に至るのだから、今を大切にしましょ。

そうですよね。
思いつく限りのことをやって来ました。
母を苦しめないように嘘もたくさんつきました。
最期にこれで良かったのだと思えるように
今を大切にしながら母と過ごそうと思います。

さやりっちさん、有難うございます。


kanaさんからのコメント(2019/03/15 21:06) ダイヤモンド会員

Kママさま
こんばんわ

>いつもごまかしてしまうことに後ろめたさを感じつつ

私もそうです。施設入所のこともキチンという訳でなく、なんとなく今に至ってる状態。1分で何もかも忘れてしまう母なので、いいかな?と思ってはいるのですが、その時その時はいろんなことがわかってるような・・。

でも、はっきり言えないままです。ごまかしてるといえばごまかしてる・。

100歳になったら家に帰ろう!って私も今度言ってみようかな?
うちの母も今93歳。
100歳になったとき、ここでKママさんと語り合いましょう!


みまさんからのコメント(2019/03/15 20:02) ダイヤモンド会員

今晩は、Kママさん。

>「100歳になったら家に帰れるかな。」
>「そうだね。だから、100歳まで長生きしてね。」

優しくて切なくなる会話ですね。「100歳になったら家に帰れる」ことがお母様の生きる意欲に繋がっているのですから、そうお答えするしかありませんよね。その場しのぎの答えにKママさんが心苦しく思うお気持ちもお察しします。

でもね、Kママさんがそう答えることでお母様は100歳まで生きることを楽しみにしてらっしゃる。お母様にとっては最適なお返事なのだと思いますよ。

数年後の母たちがどうなっているかは想像もつきませんが、私たちにできることは今現在の母たちから眼を背けず、向き合い続けることしかないのでしょうね。

さやりっちさんからのコメント(2019/03/15 17:56) ダイヤモンド会員

こんばんは。

100歳になるのを楽しみにするなんて、いいな、と思います。
元気づけ方はいろいろ。
Kママさん、うまいよ。

わが母は「ずいぶん生きた」と、よく言います。

その場しのぎでも、お母さまが元気な様子を見ると、安心するでしょう。

やれる限りのことをやって今に至るのだから、今を大切にしましょ。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。