介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > yukichinさんの日記

yukichinさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年02月11日 1年経って

投稿者:yukichin シルバー会員

乳がんが発覚してから一年。

抗がん剤投与が効き手術まで出来た。
そして放射線治療もやった。

だが 11月以降から右腕の浮腫みが凄い。
腋窩にあるリンパ腫のせいだ。
腕が怠いので今まで使えなくてもテーブルの上に置いて
茶碗などを押さえていたがそれさえもシンドイらしい

10月のCT検査でリンパ腫が大きくなってきている事を確認したのだが
そのままホルモン治療。半年経たないうちに再手術は難しかったのだろう。
だが そのホルモン治療も効果が薄い。

先日 放射線科の先生には「僕の出番はない」と言われた。
緩和的治療でさえも照射は難しいらしい。
(照射角度とか体位保持とかの問題だそうだ)

延命治療は望んでいない。母の望みは2つ
痛みをコントロールしたい。浮腫みをなんとかしたい。
とりあえず痛みは今まで使っていたものよりも強いお薬へ。
副作用で悪心・眩暈があり慣れてくると無くなってくるとの事。

副作用のあるお薬を2種類。
それでも母は頑張っている。
「お姉ちゃんが一生懸命やっているから私も頑張る」
と友人に言っているらしい。

だが 本当にそれでいいのだろうか。
頑張らせる事が母にとって良い事なのだろうか。

この1年。何も分からずただ進む事だけしか考えてこなかった。
「どんなにやっても後悔しかないのだから、今 最善と思われる事をやろう」と
どこかのHPを見た。
だが その「最善」が見失いつつある。

2019年02月11日 17:03

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。