介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > 伊賀上野さんの日記

伊賀上野さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年02月10日 介護という名の宗教なのかと思ったりして

投稿者:伊賀上野 プラチナ会員

見捨てるのは57年生きてきてできない性分。
でも、イライラはつのる。
実父の時も最後の最後までは出来る事はやった。
でも、最後の最後で脱力してしまい
「今夜がヤマだと思います」に
自分の人生思いおこし
「無理です」とだけ施設に。
朝になって(夜中に連絡いただきましたが)引き取りに行きました。


義母ワンコニャンコと夜になると忙しい伊賀は
介護教の信者なのか?などと思った次第。

2019年02月10日 22:27

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

伊賀上野さんからの返信(2019/02/11 21:38) プラチナ会員

嫁様こんばんわ。

絶対的に肉体は長生きだけど脳が追い付いてないのでしょうか

私も物忘れ多くなっておりますし、旦那は人格変わってきてますしw
でも、まだ施設を考えないようにして、くるくる変わる義母さんのお世話をば。

信者増えたら選挙すぐ受かりますね。(エ

にんたい嫁さんからのコメント(2019/02/10 22:39) プラチナ会員

伊賀上野さん、こんばんは。

介護教の信者か。上手い!
ここにもいます。というか、世の中増え続ける一方ですね。
と、いうことは皆さん修行中てことで。
私も、父も義父もその瞬間には合ってない。
出来れば義母も母もそう願いたい。
脳裏に焼き付くのはちょっと。

うちのワンこは元気だ。年とらないでほしいな。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。