介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > Kママさんの日記

Kママさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2019年01月11日 ちょっと複雑な気持ち

投稿者:Kママ ゴールド会員

施設に居る母が「ここは空気が合うみたい。だからめまいもしないし、
寝込むこともなくなって元気でいられてるよ。」
姉にそう言ったらしいのです。
姉が「そんな事言ったらKママに悪いでしょ。
Kママの家に住んでた時にめまいして寝込むことが多かったのは
空気が合わなかったなんて失礼だよ。」と母をたしなめてくれたとか。
母は姉の言う事に素直に「そうだね。Kママに悪いね。」と言ったそう。

その話を聞いて、確かに我が家で一緒に暮らしてた時は
めまいと嘔吐で寝込んだり、熱を出して寝就いたり、
年に何度かそんな事がありました。
施設に入居しておよそ2年になりますが、
風邪とインフルエンザで2回寝込んだだけで元気そうな母。
この違いから我が家の空気が本当に合わなかったのかもしれないなぁと
思ってしまいます。

父が亡くなって数年は1人暮らしで自由を満喫してた母なので、
私の家に同居するようになってからは私達家族に対しての遠慮があったはず。
普段から誰に対しても気を遣う母でしたから、
特に娘婿である夫に対しての気の遣いようは見てて十分感じられました。
だからだいぶストレスはたまっていたと思います。
こうして認知症になったことも我が家で暮らした事が起因してるのかと
母と姉の会話から色々考えてしまいました。
ちょっと複雑な気持ちです。。。

2019年01月11日 21:52

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

Kママさんからの返信(2019/01/12 12:27) ゴールド会員

しきぶさん、こんにちは。
いつもコメント有難うございます。

母の言った言葉はそういう意味にも取れるかもしれませんね。
私の中ではショックの方が大きくて重く受け止めてしまいましたけど、
そうかと改めて理解しました。

体調にしても確かに1人で暮らしていても何らかの不調で寝込んだかもしれません。

>ストレスがあったとしても同居している安心感の方が大きかったと思います。

そう言っていただくと私もホッと出来ます。
怖がりで心配性な母だったので、1人暮らしは不安だったようです。
特に一緒に暮らすきっかけになった軽い脳梗塞をした時は
同居をすぐ受け入れてくれましたからやはり不安だったのだと思います。

>近くにいても認知症は止められなかったでしょうからね。

そうですよね。そばにいても止められる病ではないですものね。

>今まで嫌なことがなかったし幸せだと言うお母様の言葉の中には
>Kママさんへの感謝の気持ちがあると思います。

有難うございます。
温かな励ましの言葉に、私の気持ちもほっこりしました。
しきぶさんを始め皆さんの優しさに感謝の思いでいっぱいです。

これから母のところへ行って来ます。
笑顔で話しして来ますね!

Kママさんからの返信(2019/01/12 12:05) ゴールド会員

けあけあさん、こんにちは。
けあけあさんもお母様と同居されての今があるのは私と同じですものね。
やはり自分のせいで・・・と思われる事あったんですね。

確かに90年余りも生きてると母自体は良い人生だったと言ってますけど
そんなわけがあるはずもなく、辛い事も大変な事もたくさんあったはず。
今は良い事しか覚えてないだけなのだと思います。

ただ、母にとって今が幸せと思ってくれてることは
けあけあさんが言ってくださったように、
娘達と過ごす時間もその理由のひとつであれば嬉しい事です。

>Kママさんがいたからこそ、今があると、お母様、十分わかっていらっしゃいますよ。

有難うございます。
涙目になってます。。。

>でも、お前と暮らせたからここまで生きられた、と言ってくれるし、私が考える以上に、母は、腹を据えているように思ったりします。

嬉しい言葉ですね。一生忘れられませんね。
母も元気な頃はよく「Kママには世話になって、母さんがボケてもこれだけは絶対に忘れないからね」と言ってくれました。
それが今は母は1人で暮らしてたと思っていて、一緒に暮らしてた事を話すと
「えっ?母さん、Kママに世話になってたの?」と言ってます(苦笑)
でも、認知症になる前に言ってくれてた言葉が本心と思って母の言葉を忘れずにいようと思ってますよ。

あまりネガティブに考え過ぎないようにしますね。
けあけあさん、元気をいただきました。有難うございました。


Kママさんからの返信(2019/01/12 11:42) ゴールド会員

みまさん、こんにちは。
朝から暗い私の思いを聞いていただいてごめんなさいね。

母の介護をしながら、これでいいのかな?間違ってないのかな?と自問自答する日々。
そんな中で姉から話を聞いた時は「えっ?!」とショックを受けてしまって。
母は単に最近はめまいもしなくなり元気でいると言う事を言いたかったのかもしれません。
空気が合ってるならば、元気でいる事を喜ばなくてはいけないのに
私の思考回路は違うふうに捉えてしまいました。

>でもそれ以上にkママさんがお側に居てくれる安心感があったはず。

有難うございます。その言葉を聞いてそうであれば私も母の役に立てたかなと思えます。

>お母様自身もKママさんも混乱したりストレスを感じることが多かったのでは?

確かにその通りです。
母も私も混乱してイライラもしてましたし、血圧も上がり、寝込むことも多かったのは確か。
今が穏やかなのは施設の介護員さん達の親身なお世話で落ち着いてるからということもありますよね。

過ぎた過去を悔やむのではなく現状に感謝・・・
みまさんからの言葉、心に響き渡りました。
そうですよね。母がいい状態で過ごせることが第一に考えないと・・・
いつも私と母の様子を見ててくださってるみまさんだからこその励ましに胸が熱くなります。。。
いつも元気をくださって有難うございます。また頑張れそうです。


Kママさんからの返信(2019/01/12 11:16) ゴールド会員

ばななんさん、こんにちは。
どんよりした気持ちでいましたが、励ましていただいて胸がジーンとしています。

そうですよね。誰しもストレスのない生活なんてないですよね。
母がストレスたまっていたとしても、私も母を迎え入れ、主人との間で気を遣う部分もありましたし・・・
認知症になる原因は私もよくわかりませんが、
ストレスも関係あるようなことを聞いた気がして、ふと、同居が原因のひとつでは?とも思ってしまって。

>Kママさんはこれまでお母さまのためにできる限りのことをしていらっしゃいます。

ばななんさん、ありがとうございます。
そう言っていただけると涙が出て来そう・・・

新年早々ネガティブになってしまいましたが、何事もポジティブに考えて今年も頑張らなくちゃね。
お風呂のお水と一緒にザー―ッと流します!

しきぶさんからのコメント(2019/01/12 10:52) ゴールド会員

Kママさん おはようございます

お母様が「ここは空気が合うみたい。めまいもしないし寝込むこともなくなって‥」と言うのは、Kママさんや周りの方に対する感謝の言葉ではな いかと思うのです。
同居されているときに何度か寝込むことがあったのは、
その時期の身体の不調で、それは1人で暮らしていたとしても同じこと。
ストレスがあったとしても同居している安心感の方が大きかったと思います。

私の母は父が亡くなってから17年余り1人暮らしをしていました。
私が地元に残っていれば‥と後悔していますが、
近くにいても認知症は止められなかったでしょうからね。

今まで嫌なことがなかったし幸せだと言うお母様の言葉の中には
Kママさんへの感謝の気持ちがあると思います。

みまさんからのコメント(2019/01/12 08:31) ゴールド会員

お早うございます、Kママさん。

私の母も、施設に入居してからは体調を崩すことが少なくなりました。施設でしっかりと管理してくださっていることに感謝するばかりです。

でもね、だからと言って在宅の頃が不十分だったとは思えないんです。気ままな独り暮らしからのKママさんご夫婦との同居は、遠慮や気遣いに寄るストレスも多少はあったでしょう。でもそれ以上にkママさんがお側に居てくれる安心感があったはず。

私は母と同居すらしてあげられなかった至らない娘です。もし同居して一緒に暮らしていたら、今現在の母はここまで衰えていなかったかもしれない、あるいは反対にもっと酷い状態になっていたかも、と思いを巡らすことがあります。考えても仕方のないことなのですけれどね。

同居されて居た頃は認知症という病のせいで、お母様自身もKママさんも混乱したりストレスを感じることが多かったのでは? 私の母は独居でしたが、認知症に寄る自身の変化に戸惑い、原状を理解できずに混乱してストレスを溜め、体調を崩していたように感じています。きっとKママさんのお母様もそうだったのでは? ですからそれはお家の風が合わなかったせいでは無いと思うのです。

母たちが施設入居するまで、そして入居してからも、それぞれにたくさんのことがありましたよね。中には後悔するような出来事も、、、。でもね、Kママさんも私もその時々に、自分のできる精一杯を尽くして来たと思うのです。ですから過ぎてしまった過去を悔やむのではなく、今の母が穏やかに暮らせている現状に素直に感謝したいです。

ばななんさんからのコメント(2019/01/12 08:02) プラチナ会員

Kママさん おはようございます。

確かにお母さまはKママさんの夫さんと一緒に暮らすことが
多少なりともストレスだったとは思います。
でも、ストレスのない生活なんて、ないですよね。
ひとり暮らしを続けていても、仮にKママさんとのふたり暮らしだったとしても
それなりのストレスはあったと思います。
私は認知症の発症に関する知識はないですが、Kママさんご夫婦との同居が
認知症と関係があるとは思えないです。

私の母も父が亡くなった後、6年ほどひとり暮らしだった間に
認知機能が低下し、それに合わせて体力も落ちていきました。
だからと言って、ひとり暮らしが認知症の引き金になったとは
全く考えていません。

Kママさんはこれまでお母さまのためにできる限りのことをしていらっしゃいます。
今のお母さまがお元気で幸せだと思っていらっしゃるならそれが一番です。
何もかもをご自分の責任と考えずに、ネガティブな思いはお風呂の水と一緒に流してしまいましょう。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。