介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > ネコマタさんの日記

ネコマタさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2018年11月09日 お別れは突然に

投稿者:ネコマタ レギュラー会員

平成30年11月4日18時25分、最後は眠る様に逝ってしまいました。

朝8時過ぎにショートステイ先から電話。

朝の注入時に少し嘔吐してそれを吸い込んだのか、血中酸素濃度が81%まで下がり血圧も低下、37.8℃の発熱ということで救急搬送します。

と連絡をうけ大急ぎで病院へ。

その時点でショック状態でした。

脈拍131、血圧84/51、spo2 81%

血液検査で血糖値が1500まで跳ね上がっている事が判明。
バルーンを入れて出てきた尿は血尿と膿尿が混ざった様なコーヒー牛乳色が少量。

膵臓の機能が止まり、インシュリンが出なくなっちゃったのね。
それによって脱水も進み、腎機能も落ちて………。

直接の死因は高血糖高浸透性昏睡。
多臓器不全状態からいうと、いわゆる老衰ですね。

救急車で運ばれて来た時は脈拍が速くてしんどそうでしたが、段々脈拍が落ち着き、酸素マスクと呼吸補助で呼吸も楽になりspo2 も一時は100%まで上がりました。

そこからは徐々に血圧は計測不能になり、呼吸数が落ちていき、呼吸が0になってしばらくして脈拍も止まりました。
とっても安らかでしたよ。

後少しで86歳のお誕生日だったのにね。

もう少し一緒に居られるかと思っていたんですが、お別れする時は突然なんですよね。

私の介護生活は23年4カ月と14日で終了しました。

応援してくださった皆様。
どうもありがとうございました。

2018年11月09日 08:57

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

ネコマタさんからの返信(2018/11/10 01:14) レギュラー会員

Kママさんお久しぶりです。
来るべき時が来てしまいました。
23年間。
ウチの義母はゆっくりゆっくり色々な事が出来なくなって行きました。
その時々で色々考えて寄り添って来たつもりです。
側から見ればそれは私の自己満足だったかもしれません。
でも今思うんです。

主介護者の自分が納得できる方法を取るべき

だと。

周りがどう言おうと関係ありません。

そうしないと心が折れてしまいますし、送った後で後悔します。

Kママさん、色々苦悶される事もあるでしょうが、後悔しないようにしてくださいね。

コメントありがとうございました

Kママさんからのコメント(2018/11/09 22:10) ダイヤモンド会員

ネコマタさん、お義母様のご逝去に心よりお悔やみ申し上げます。
23年間もの長い間の介護、本当にお疲れさまでした。

私が母の介護に疲れ果てて、ここへたどり着いた時、
たくさんの励ましの言葉や適切なアドバイスをしてくださり、
ネコマタさんにはどんなに助けていただいたことか・・・
それはこうして長きにわたりお義母様を看られて
多くの経験を積んだことからこそのアドバイスだったのだとわかります。
母の施設入居の時も背中を押してくださったお陰で、
今はお互いに落ち着き、良い関係でいられています。
本当に有難うございました。

これでネコマタさんが卒業されるのは寂しいですので、
時々はここでまた介護経験者としてのアドバイスをよろしくお願いしますね。

そして、今まではお義母様の為に時間を使われて来たでしょうけれど、
今度はご自分の為にどうぞお使いくださいね。

まだまだ大変でしょうけれど、どうかお疲れが出ませんように。。。


ネコマタさんからの返信(2018/11/09 18:18) レギュラー会員

うさぎ3さん、お久しぶりです。
去年宣言して一年でした。
うさぎさんの優しいコメントにいつも元気づけられていました。

うさぎさんとおじい 様のご関係は理想的だなあといつも羨ましく思っていました。
これからも素敵な関係が少しでも長く続きます様に。

コメントありがとうございました


こっそりお邪魔してたのがバレちゃった(笑)

うさぎ3さんからのコメント(2018/11/09 18:09) ダイヤモンド会員

ネコマタさんへ

お義母様のご逝去お悔やみ申し上げますと共に

ご冥福をお祈りいたします。


ネコちゃんとは同じようなサンダル履いて駆けつける介護距離ということで親しみがありました。
去年の宣言では頑張ってるなぁとお若いけど何でも経験なさってる先輩を見習わなきゃと
自分に喝を入れてましたよ。
長年のお世話本当にご苦労様、お疲れさまでした。
ネコちゃんにも助言いただきましたが、あの頃よりのおじい元気に
なってます。
私も今、臨時ママを少しの間やってます。
ネコちゃん来てくれてたのねありがとう。
もっと早くに気付けばよかったです。
ネコちゃんはまだ若いから新たなことチャレンジできますよ。

ネコマタさんからの返信(2018/11/09 14:01) レギュラー会員

かなへびさん、お久しぶりです。
娘が産まれて2日後に倒れ、子育てと介護でドタバタの23年間。
その娘もこの春大学を卒業。
子育てと一緒にコマタバちゃんの介護も卒業になっちゃいました。
かなへびさんはまだ頑張ってる最中ですね。
色々ありますが、いつもお母さんに寄り添っておられるかなへびほびさん姉妹にお母さんも感謝されてますよ。
コメントありがとうございました

かなへびさんからのコメント(2018/11/09 13:54) ゴールド会員

ネコマタさん、タイトルの通り、あまりにも突然過ぎて、言葉が出てこないです。

お義母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
本当に23年にも渡る、お義母様に寄り添いながらの介護、お疲れさまでした。
しっかりとした絆の下で、介護を勉強され尽くされて、お義母様も感謝されていると思います。

ネコマタさん、ご家族の皆様、お疲れさまでした。少しでもお休みになられて、体調を崩されませんように。


ネコマタさんからの返信(2018/11/09 13:47) レギュラー会員

セーフさん、コメントありがとうございます。
セーフさんやこなみお姉さんの様な介護卒業組を見習って、新たなコミュニティを作る為に昨秋より夫婦で始めた猫ボランティアが軌道に乗り始めたのを見届ける様に行きました。
介護一色の人生でしたが、水戸黄門の印籠の様にかざしていたコマタバちゃんが居なくなっちゃいました(笑)
自分の足で歩いて行かなければです。
応援ありがとうございました

ネコマタさんからの返信(2018/11/09 13:41) レギュラー会員

こなみお姉さん、お久しぶりです。
一年ぶりの日記が卒業報告になってしまいました。
寝たきりで胃ろう状態。
そこまで引き伸ばして生きさせてしまって良かったのかといつも思っていたんですが、最後の顔が安らかだったのでこれで良かったと思いました。
沢山気にかけてくださってありがとうございました

セーフさんからのコメント(2018/11/09 13:21) レギュラー会員

あらためてコマタバちゃんのご冥福をお祈りします。
コマタバちゃん、「本当に色々世話を掛けたねぇ。ありがとうね。これからは自分の時間に使っておくれ。」っておっしゃっているのではないでしょうか。
芯から尽くしてくれたお嫁さんには感謝の気持ちでいっぱいだと思います。
ご結婚されてお子さんがまだ小さい頃から 義ご両親の介護をこれまでずっと手厚くされていらして、お子さん達もその背中をみて育っているのでしょう。
ネコマタさん、23年以上の介護本当におつかれさまでした。
先ずはご自身を癒やして下さいね。
ネコちゃん達はその間、じっと待ってくれないと思いますが…それもきっと張り合いになりますね。


こなみさんからのコメント(2018/11/09 13:12) シルバー会員

ネコマタさん

23年間に渡る長い介護、本当にお疲れさまでした。
いつもネコマタさんの介護日記を読んでると、さわやかで楽しそうなBGMが聴こえてくるような感じでしたよ。
大変な介護生活でも、ネコマタさんは明るく楽しそうにこなされていて、愚痴を言う自分が恥ずかしく思いました。
胃瘻の勉強もしっかりされていて、介護の模範生でしたよ。
お義母さんの事をとってもお好きだったんですね。
そんなお義母さんは幸せでした。
本当にお疲れさまでした。

お義母さんのご冥福を心よりお祈り致します。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。