介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > だまちさんの日記

だまちさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2018年11月08日 人の顔がわからなくなってきたのか?

投稿者:だまち ゴールド会員

本日、母はデイがお休みで、ヘルパーさんが一時間介入してくれる日。
なので、私は仕事も母の事も一切しない唯一の自分だけの時間。

この曜日に、自分の用を一気に入れてしまうので
休みと言っても体は休まらない
まあ、自分のせいだけれど。

そんな今日、私は六本木に用があって出かけた。
相変わらず臭い街だな~と感じながら歩いていたが
本当に都内のど真ん中は、介護には適していないと感じる。
車いすなんかで交差点なんか、絶対渡れない。
ちょっと買い物連れ出そうなんて無理無理。
私の住んでいる所は、車で走ったらデイの車とすれ違わない日はないし
介護施設も、ちょっと行けばあるし。
若いころは、この都内に住むことに憧れを持ったけれどね。

そういえば
この間、母の兄、私からしたら伯父さんの所に
母を連れて見舞ってきた。
伯母さんからの連絡からしたら、危ないから今のうちに顔見てこい位な
内容だったから、そんな姿を想像してICUの病室に入ったら
伯父さんはお目目パッチリ。
こちらの声掛けに「おう。おう」と返事もする。
思った以上に回復力素晴らしい!!
さすが、母の兄妹。(長生き家系)

それよりも問題はうちの母親!!
おじさんを見て第一声が

「あの人、誰?」

ときた。

だーかーらー!!伯父さんだってICUに入る前に言ったばかりーー!!
と大声で言いたかったが、我慢して
「だから、伯父さん」という言葉の繰り返し。

看護婦さんには
「今日、ご姉妹が結構見られましたよ~。えっと、同じくご姉妹?」
と聞かれ、母は答えた。

「姉です」

ちげーから!!!
妹だから!!

伯父さんには

「じいちゃん!」と声かける←父の事を呼ぶ時、こう言っていた
「今ね、〇〇ちゃんに連れて来てもらったの」←〇〇ちゃんは母の妹の名前

その度に
「おやじじゃない!!伯父さん!!」
「〇〇ちゃんじゃない!!私!!!!だまち!!!」

よほど、命の危機だったおじさんのが
え?って顔してた。

結局帰りの車の中で、今あってきた人誰だっけと一度だけ言った。

こりゃ、ひどいわ。

2018年11月08日 23:33

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

だまちさんからの返信(2018/11/09 00:15) ゴールド会員

onimusumeさん、コメありがとうございます!


同じ経験があるのですね!
なんか、それだけでもすごく安心感と
親近感が(笑)

仕方がないことだとわかっていても
本当に疲れました(笑)

onimusumeさんからのコメント(2018/11/09 00:04) ダイヤモンド会員

だまちさん こんばんは

私と母の姿を書かれているようで、笑ってしまいました。
叔父のお見舞いに行っても、叔母のお見舞いに行っても、
年寄りは寝たきりで可哀そうだねえ・・
ってあんたの義弟、義妹ですから・・と叱りたいのを堪えて

お見舞いに行ったのか、謝りに行ったのか分かりませんでした。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。