介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > ちーすけくんさんの日記

ちーすけくんさんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2018年10月11日 母を初めて怒鳴りました。

投稿者:ちーすけくん ゴールド会員

母は一日の大半をリビングで過ごす。
その時はテレビはずっと着けっ放し。

私は普段それほどテレビは観ない方なので、
専業主婦の現在は 資格の勉強をしたり読書をする機会が増えた。


ただ、勉強する場所はリビングのテーブルぐらい・・。
いくら何でも、年頃の息子たちの机でヤルわけにはいかないですからね。

そうなると気になるがテレビの音。

っで、仕方なくイヤホン着けて勉強用のBGMを流しながらやっていた。




そして事件は昨日起きた。


ちょっと集中して勉強をしていた。

母が席をたって移動したのは目の端で確認していたけど、トイレに行ったのだと思った。
万一の場合に備えてトイレにブザーが設置してある。


ところが、少しすると母の声がイヤホン越しにかすかに聞こえてきた。

何だろうとトイレを見てもいない。
声は・・・、なんと階段 中ほどの踊り場から聞こえる。

慌てて上ると、そこで母が座り込んで
「行けると思ったけど、行けなくなっちゃった(笑)」

まさかこんな事しでかすとは思ってみいませんでした。
せめて声を掛けるとか・・、一人で登れない階段登るなんて、まるで赤ちゃんのようです。

しかも自分は事の重大さを全く理解していない。
どれほど危険で、どれほど人に迷惑がかかるか・・。
転げ落ちて寝たきりになったらどうなるか・・。

なのに、「そうなったら、病院入れちゃって」ってケロって母は言いのける。

初めて母を怒鳴ってしまった。




下肢障害2級の母は、以前から階段は支えてやっと低い段差が昇れる程度。
恐らく、両手で這うように登ったのだろう。

ここ数年は、実家も含めて2階には上がらせていなかった。



どうも2階の箪笥にある自分の服を取りに行きたかったらしい・・。

でも、それココ私の家じゃなくて 埼玉の母の家の話ね。

何度 この家の二階には母の服はないと説明しても 「ある」の一点張り。




絶対に二階には行かないって約束してもらったけど、そういうことは忘れて、私が怒鳴ったことだけ覚えてるんだろうね・・。
夜寝る前も、一人でブツブツ「早く死んじゃいたい・・とか、どうせ何やっても注意されちゃう・・」とか言ってから。


でもね、こういう問題行動起こされると、こっちは外出が一切できなくなるんだよ、お母さん。
80歳の認知症の母とふたり、ずっと買い物にも行けず引きこもってなきゃいけくなるんだよ、私。

認知症が進むと、どんどん介護者が追い詰められていくのを はっきり自覚した一日でした。

2018年10月11日 15:45

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。