介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > お気楽主婦さんの日記

お気楽主婦さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2018年08月10日 感謝(8/9)

投稿者:お気楽主婦 プラチナ会員

木曜日は舅のデイサービスの日 & 9日は姑の月命日(亡くなって丸2ヶ月)。
舅「今日はどうするんね?」
私「今日はデイですよ。」
舅「明日帰るんね?」
私「デイですから、今日の夕方までですよ。」
舅「明日の朝、帰るんじゃろう?」
私「今日の夕方。デイだからお泊りはありません。」
舅「夕方ねぇ。」
私「はい。」
舅「じゃあ、明日の朝、帰るんじゃね?」
私「今日!」
舅「今日の朝、帰るんね?」
私「今日の朝行って、今日の夕方帰るの!」

このやり取りを何度も何度も繰り返した。
おそらく、ショート中に何度もスタッフさんに尋ねて「明日、明日。」と言われて
納得してたんじゃないかと思う(^_^;)
『今日』とか『明日』とかの概念が、曖昧になってるのかもしれない。
『朝』も『夕方』も怪しければ、『どこに帰るのか?』もわかってないのかも…。
ただ『帰る』という確証が欲しいだけなのかもしれない。

連絡ノートでショート中の血尿の報告をして、尿の観察を依頼。
排便がなかった場合には座薬の使用も依頼。入浴後の爪切りもお願いしておいた。
デイでの尿は黄色で、午前中に多量の普通便があったので座薬は使用せず。
入浴後に爪切りもやってもらえた。感謝、感謝(^人^)

帰宅時にデイの車から車椅子に移乗する際、舅の「痛いのう!どうしよるんや」という
怒鳴り声で慌てて助っ人に駆けつけた。
足腰がかなり弱っているので、車椅子ごと移動のリフト車の時はいいんだけど、ワゴン車に
移乗が必要な時はかなり大変。スタッフさんが男性でも大変なので、女性スタッフさんが
当たらないように祈るばかり。ドライバーさんも手を貸してくれるけど、皆さん高齢の
シルバードライバーさんだからねぇσ(^_^;

しっかり排便があったお陰か、帰宅後のご機嫌はまずまず。
ただ「駐輪場の自転車を納めんにゃいけん。」という厄介な妄想で何度も呼ばれた。
心の中で『黙れ、くそ爺!』と絶叫しながら、笑顔で「大丈夫ですよ。大丈夫。あのままで
いいんですから。」と呪文のように答え続けた。
多少涼しくなったとはいえ、車椅子徘徊に付き合わされるのはまっぴらごめんだ。

夜寝る前のオムツ交換の際、リハパンに出ていた尿がうっすらとピンク色だった。
ショートでの血尿報告があったから気付いたけど、そうじゃなかったら見逃すくらいの
微かなピンク。でもまあ、やっぱり血尿なのかなぁ?
一応、写真に撮っておいて次の訪問の時に病院に報告しておこう。

東日本の方は台風の影響で大変だったようだけど、私はカープの勝利にご機嫌だった。
誰かが辛い時や苦しい時でも、世界中が悲しんでいるわけではない。
長崎の平和祈念式典を観ながら、広島の式典の時と自分の気持ちが違うのを感じた。
どちらも当事者ではないけれど、広島に住んでいれば8月6日は自ずと特別になっていく。
自分が辛く苦しい時でも、人の幸せや喜びをねたまない人でありたいと思う。
と同時に、自分が浮かれているだけで人を傷つけているかもしれない…ということは、
心の片隅に留めておこうと思う。
喜怒哀楽を素直に表現できる、今の時代に生まれたことに心から感謝。

2018年08月10日 17:41

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

お気楽主婦さんからの返信(2018/08/12 18:28) プラチナ会員

akaneさん、こんばんは
カープは相変わらず首位独走中ですけど、高校野球は残念でしたね
最後まで負けないチームは1つだけですから仕方ありません。
ご主人の爪切り、やられましたか?
うちの舅は少し前まで自分でつんでましたが、今はもうダメです。
「嫁さん、爪をつんでえや。」と頼まれますが、適当にごまかして、
デイの連絡ノートでお願いしています。
耳鼻科通いはもう止めようかと何度も思いましたが、今はまだ継続中で
真面目にお薬も飲んでいます(`・ω・´)ゞ
akaneさんの日記、久しぶりに読ませてもらいましたが、少し前の日記に
『ペロぱんだ』と書かれていて『ペコぱんだ』だよ~とツッコミました。
ペコペコやるから付いた名前かな?
効果のほどはまだわかりませんが、舅はちゃんと続けてますよ!(^^)!


ojityannさん、こんばんは
時は流れ、人は老い、諸行無常ですねぇ。
長い間このサイトに張り付いていた私も、少しずつ縁遠くなりました。
自分の日記の更新も滞りがちですけど、お仲間の日記はほとんど読めず…。
閲覧数や反響数が多いものや気になるタイトルのものはまとめて読むことも
ありますけど、気付かないことも多いですσ(^_^;
忙しい日々が続いたからか、野球シーズンだからか、私が老いたからか…。
人はその時その時、必要な物に出合えるように思います。
ojityannさんはまだたくさんの繫がりがありますから、必要な物は
形を変えても残るように思います(^_-)-☆

ojityannさんからのコメント(2018/08/10 22:49) ゴールド会員

お気楽主婦さん こんばんは。
人の心は、わからないことが多いですね。私もくそ爺になってきました。
子供と遊ぶのが得意だった私ですが、爺を気遣うのか、あまり遊んでは
くれなくなりました。記憶力も一段と低下しました。私の得意技だった
デザインも、アドビ社の対応についてゆけません。二つの古いソフトが、
一時認証をしないと使えなくなりますが、電話相談も簡単な操作も終了し
残された方法は実に複雑で、私では対応できそうもありません。何とか
電話番号を探して電話しても、担当者も良くわからないのか、ネット情報
を見て対処して下さいといった具合です。新しいPCを買い、光通信にし、
高価なソフトを買うのも面倒になりました。これも喪失体験です。殿は、
さらに過酷な喪失体験をしていました。私が根拠もなく「殿が大好き」と
いう言葉を信じるしかなかったのです。
我が家で例会をする写真サークルでは私が入会してから4人程亡くなって
います。一番の長老は施設に入所しました。会長は体調が悪く、入院こそ
していませんが、家に閉じこもっています。我が市の美術家協会の二人の
顧問も、体力の低下は隠せません。例会に来られるのも長くないでしょう。
「高齢者は辛いものです」「介護者も辛いものです」最後の写真展に出品
する私の写真の題名は「笑うより良いことはない」殿のお言葉です。

akaneさんからのコメント(2018/08/10 22:41) プラチナ会員

お気楽主婦さん こんばんは。

うん、嬉しいときは喜んでいいんよね~。
今夜も\(^o^)/でした。

お舅さんは理解することは難しいのかもしれませんね。
94才ですか、夫は85才だけど94才までは無理そう。!(^^)!
まだ一人で歩けますが、手すりのない所はそこら中手を伸ばして支えにしています。
転倒するのも遠い事じゃないかな、と気をつけてはいるんですけどね。
夜トイレに行く時も部屋の電気をつけません。(外灯のお蔭?で)
私の布団に躓かないかと心配ですが、今のところ上手く避けています。
未だに高校生の頃、往復20キロの道を通学したというのが自慢で、
自分では転ばないと思ってるふうです。(#^.^#)

爪で気が付きました。夫も爪が長くなっていたわ~。
明日は爪切りしよう。 自分でやるって云うのですが、もう無理です。
耳はもういいのですか? 友人は殆ど聞こえなくなりました。
若い間にしっかり治してね。

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。